スーツのデザインや色を踏まえてシーン別に選ぶ最適な革靴とは

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツに合う革靴が知りたい~シーン別に選ぶ革靴

オシャレは足元から

よく「オシャレは足元から」などと言いますが、足元のオシャレは大切です。とは言え、スーツに合う革靴の種類は多岐にわたっているため、どのようなデザインの靴を選べばよいのか迷うところです。
それでは失敗しない革靴の選び方をご紹介しましょう。

スーツに合うシーン別の革靴選び

内羽式のストレートチップで決まり

ビジネススーツに合う革靴として、「内羽式のストレートチップ」はオススメの一品です。内羽式とは皮と紐の切り替え部分が一体になっているデザインで、ストレートチップとは靴のつま先部分に横一文字のステッチが入っているものを言います。色は黒色か茶色のものが定番ですが、スーツの色を踏まえて選ぶことをオススメします。

革靴の色に迷ったら

ビジネスシーンにおいては内羽式のストレートチップ、あるいはプレーントゥであれば問題はありません。服装が多少自由な勤務先であれば、モンクストラップの革靴、つま先にメダリオンがデザインされた革靴なども相応しいと言えます。革靴の色はスーツとの兼ね合いもありますが、スーツがダークグレーなどの黒系であれば革靴も黒色、明るい色のスーツの場合は茶色の革靴がオススメです。

フォーマルスーツに合う革靴は

結婚式の主役はあくまでも新郎新婦であるため、あまり目立たない革靴がオススメです。スピーチなどを行うゲストとして招かれている場合は、内羽式のストレートチップが無難でしょう。デザインにウィングチップやメダリオンがあしらわれていても構いませんが、ヒョウ柄など柄の革靴は控えましょう。

弔事や法事に相応しい革靴は

弔事に参列する際には、黒色の内羽式のストレートチップにし、他の革靴は控えましょう。

パーティーにオススメの革靴

ドレスコードが必要なフォーマルなパーティーには、内羽式のストレートチップが適していますが、結婚式の二次会、親しい仲間だけで行うパーティーの場合は、ホールカットやモンクストラップなどの革靴もよいでしょう。

内羽式のストレートチップの革靴は重宝する

結論から言うと、ビジネスシーンでも弔事でも、内羽式のストレートチップの革靴が無難だと言うことになります。またビジネスシーンではプレーントゥの革靴もオススメとなっています。
一人の社会人として、シーンに合う革靴を選ぶように心掛けたいものですね。