スタンダードなデザインを知るとオーダースーツが楽しくなる!

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スタンダードなデザインを知るとオーダースーツが楽しくなる!

スタンダードなデザインを知るとオーダースーツが楽しくなる!

スタンダードとは標準的という意味の言葉ですが、ファッションで言うと流行に左右されない定番のものといった意味合いも含まれるでしょう。スーツの世界でも毎年細かな流行はありますが、それでも大きな流れの中でスタンダードと呼ぶにふさわしいスタイルもあります。スタンダードなスタイルを知っておくと、オーダースーツを作りたいと考えた時にどんな型が自分の体形に合うのか考える目安にもなります。

スーツの代表的な3つのデザイン

スーツには、大きく分けて3つの代表的なデザインがあります。スタンダードなデザインの特徴を抑えることで自分の好みや体系に合うスーツをイメージしやすくなるでしょう。3つのデザインの中で最もクラシカルで、カチッとした印象を与えるのが「ブリティッシュスタイル」です。

現代着用されているスーツの基本の形であり、ここから以下に紹介する他の2つのスタイルへと派生していきます。ブリティッシュの特徴は厚めの肩パッドにハイウエストで絞りを入れたイングリッシュドレープです。しかし、昔からのデザインを忠実に再現したブリティッシュスタイルのスーツは、今の流行からするとかなり野暮ったく見えてしまいます。そのため、現在のブリティッシュスタイルは伝統的な要素を取り入れながらも現代の流行に合わせたデザインにより洗練されたものになっています。

その要素を最もよく表わしているのが生地です。ツイードやフランネルなど糸を厚く織り込んだ生地とグレンチェックやプリンスオブウェールズなどのチェック柄が特徴で、重厚な印象を与えてくれます。また、「スラントポケット」という斜めについたポケットも特徴で、右腰に二段につけるチェンジポケットもブリティッシュスタイルでよく見られるデザインです。

クラシカルでしっかりしたブリティッシュよりも軽やかでよりファッション性を重視したデザインを取り入れているのが「イタリアンスタイル」です。イタリアンは薄めの肩パッドにやわらかで軽い生地、体のラインにフィットする細身のデザインが特徴です。細かなデザインとしてはジャケットの胸ポケットが舟のようにゆるやかなカーブを描くパルカポケットやジャケットの袖口にボタンを付け、開くことができる本切羽などが見られます。ファッションの国イタリアらしく軽やかに着こなすのがポイントです。

ブリティッシュスタイルがアメリカ大陸に持ち込まれ、自由の国に合わせて実用的に発展していったのが「アメリカンスタイル」です。アメリカンスタイルの特徴はウエストの絞りがないため、大柄な欧米人でも動きやすく実用性に富んでいる点が挙げられます。日本人にはなかなか上手く着こなすのが難しいデザインではありますが、スポーツなどをしていてがっしりした体系の方なら貫禄のある着こなしができるでしょう。オーダースーツをこれから作りたいと考えている方はスタンダードなこれらのデザインの特徴を参考にしてみてください。

オーダースーツを作る前に自分の好みのスタイルを知っておこう

初めてオーダースーツを作る時は何を意識したらいいのかわからないという方も多いかと思います。まずは上記で紹介したスタンダードなスーツのスタイルや生地などを色々見比べながら自分の好みのデザインを調べてみましょう。既製品の中から選ぶと色や素材、デザインなど何かしら好みと合わない部分が出てくるものですが、オーダースーツならその心配も少なくなります。

スタンダードなデザインも現在の流行に合わせて昔からの要素を取り入れ活かしながらどんどんアップグレードされていきます。その人の体形や用途などによってもふさわしいスーツは変わってきますので、テーラーさんと相談しながらオーダースーツ作りを楽しんでみてください。

まとめ

スーツにはブリティッシュスタイル、イタリアンスタイル、アメリカンスタイルというように、それぞれ特徴の異なるスタイルに分かれます。日本においては一般的であるブリティッシュスタイルがスタンダードとも言えますが、イタリアンやアメリカンのデザインも着こなせればとてもオシャレです。
このようなスタイルによって異なる特徴を自分なりに表現したいのであればオーダースーツにするのが便利です。オリジナリティのあるスーツを作り、印象を強めてみてはいかがでしょう。