シルエットを重視してオーダーメイドでパンツを作るべき理由

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > シルエットを重視してオーダーメイドでパンツを作るべき理由

シルエットを重視してオーダーメイドでパンツを作るべき理由

パンツはスーツ姿でも休日のジャケット姿でも毎日着用するアイテムであるからこそ、体型にピッタリ合わせるためにオーダーメイドで作るのは魅力的です。既製服では体型に合わない場合も悩みを解決できるでしょう。しかし、まずはオーダーメイドでパンツを作るにあたっての種類やポイントを知り、さらにはTPOに合わせることを意識しましょう。

オーダーメイドで作れるパンツの種類について

スラックスはビジネスシーンで着用できるビジネスパンツの総称であり、いわゆるチノパンのことです。休日のジャケットスタイルとの相性がよく、重宝できるアイテムとなるでしょう。リネンは薄地でありながらも丈夫で質感と通気性が優れています。キレイめなカジュアルコーディネートをする際に適しています。

コーデュロイは秋冬用の代表的なアイテムで柔らかい雰囲気に仕上がるのが特徴です。厚手の綿が使用されているカーゴはアーミースタイルのイメージ強く、幅が太いシルエットが主流となっています。さまざまな種類から選択できるからこそ、特徴を把握したうえでオーダーメイドするようにしましょう。

シルエットによって変わる全体の印象

オーダーメイドでパンツを作る際のポイントになるのはシルエットが美しいかです。腰回りの窮屈感をなくし、美しいシルエットを作るためにタックの本数を考慮しないといけません。タックがない状態だと、スタイリッシュな装いに仕上がり、ワンタックも細身のものに使用されます。ツータックは腰回りや太ももあたりがゆったりし、クラシックな雰囲気に仕上がります。スーツスタイルの場合はワンタックですっきり着こなし、ノータックはトレンド感のあるスタイルをする場合に選択しましょう。クラシカルな雰囲気を演出する場合はツータックを選択すれば問題ありません。オーダーメイドでパンツを作るにあたっては着用シーンを想定したうえでタック数を決めるのが肝心です。

また、袖口の縫い方もシングルかダブルかの選択によって全体の印象が変わります。フォーマルなシーンではシングルを選択し、タブルはカジュアルな着こなしにしたい場合に適しています。横ポケットの形もシルエットを変える要因のひとつです。標準的なポケットは斜めポケットであるものの、L字型ポケットや横切りのポケットもあります。ノータックに採用されるタイプであるとともに、ポケットの中にものを入れるとシルエットが崩れてしまうのが難点です。

フルオーダーメイドでお気に入りのパンツを作るのがおすすめ

オーダーメイドでパンツを作るにあたってはフルオーダーメイドを選択できるのはもちろん、イージーオーダーやパターンオーダーも選択できます。イージーオーダーは基本の型紙を用い限られた範囲の選択肢で作るものです。一定のラインでニーズを満たして作るからこそ、シルエットに満足ができるかは断言できません。

パターンオーダーに関しても標準体型の方なら選択しやすいものの、合わない場合は不向きといえます。型を補正することもできないため、シルエット重視の選択とは言い難いです。フルオーダーの場合はこだわりを最大限追及できるため、長期的に着用できる重宝できるアイテムとなるでしょう。

まとめ

シルエットを重視してオーダーメイドでパンツを作ることでTPOに合わせることができるとともに、相手に与えたい印象を考慮しての選択ができます。事前に着用シーンを想定しておけば、シーンに合わせて着用ができるはずです。シルエットを重視するにあたってはフルオーダーメイドを選択すべきといえます。完成するまでに時間がかかり、価格も最も高額になるものの、長期にわたって着用していける重宝できるアイテムとなるためです。