革靴とクリームで簡単、ライバルに差をつける革靴の手入方法

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 革靴の手入方法~クリームを活用して行うお手入れとは

クリームで簡単、革靴のお手入れ

常日頃、革靴のお手入れを行っている人は少ないのではないでしょうか。
長い間、新品同様の状態を保つためには、お手入れが欠かせません。しかし、どのような手入方法がよいのか、どのクリームがよいのか、などは迷うところでもあります。
こちらでは靴のお手入れに必要なクリームと手入方法についてご紹介していきます。

クリーム選び~クリーム使用後まで

クリームを使い分ける

革靴用のクリームには様々な種類があり、どのクリームがよいのかの判断は難しいところです。
基本的に黒い革靴には黒のクリームなど、色に合うクリームを使用するのがベストです。またツヤを出したい場合には油性クリーム、とっさのお手入れには液状クリームなど状況に応じてクリームを使い分けるのがポイントです。

クリームを塗布する前の汚れ落とし

革靴についた砂埃などの汚れは、布で拭くだけでは完全に取り去ることができません。
汚れの上に重ねてクリームを塗布すると、クリームで汚れをコーティングすることになります。そのため、クリーナーで革靴の汚れを落としてから、クリームを塗布しましょう。

お手入れは乳化性のクリームで

乳化性クリームは、水や蝋、油でできていることもあり、革靴に栄養や水分、しなやかさを与えます。無色のものと黒色、茶色などがありますが、初めて使用する場合は無色のものがオススメです。

さあクリームを塗布しよう

用意するものは布クリーナー(着古しのTシャツ)、クリーナー、クリームです。使い方としては、まず布クリーナーにクリームを出しますが、シミの原因にもなるため、直接革靴にクリームを塗布しないようにしましょう。またクリームは小指の爪の半分程度の量にして、出し過ぎないようにすることも大事です。

塗布した後のポイント

クリームを塗布した後は、再度クリームをつけていないクリーナーの面で磨き、余分なクリームを落とします。そのような手入方法にすることで、十分なツヤがでます。

クリームは直接塗布しない

革靴の手入方法の結論は、「革靴に直接クリームを塗布するのは、シミの原因にもなりかねないため控える」ということです。またクリームの量は多すぎてもよくないため、適量にしましょう。
油性クリームは革靴に栄養分を与え、光沢やツヤを出す効果があるため、お手入れの際にぜひ役立ててくださいね。