季節ごとのスーツの種類は素材と裏地で見分けましょう

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 季節ごとのスーツの種類は素材と裏地で見分けましょう

季節とスーツ

スーツを着用する際は、季節に合った種類を選ぶことが大切です。ビジネス活動において、毎日を快適に過ごせるか否かだけで無く、仕事相手に与える印象も大きく左右するためです。日本で販売されている背広には、「春夏もの」「秋冬もの」「オールシーズンもの」の3種類があります。日本は四季の違いが明確な国柄です。それぞれのシーズンに相応しい背広を着るように心掛けましょう。

素材と裏地に注目

衣替えのタイミングは4月と10月

スーツの「春夏もの」は4~9月、「秋冬もの」は10~3月、「オールシーズンもの」は1年を通しての着用が基本です。そのため背広の衣替えは、春なら3~5月、秋なら9~11月の間に、徐々に行っていくのが良いでしょう。気候は急激に変化する訳ではありませんので、一気に背広を衣替えするやり方は、お勧めできません。気温では、20℃が目安になります。衣替えのタイミングに迷ってしまうという方は、「上司の背広姿」を参考にしてください。

シーズンごとの推奨素材

それぞれの季節に合うスーツ素材の代表的な種類を紹介します。春は吸湿性の高いコットンやオールシーズン向きのウール、夏は体感温度を下げてくれるクールマックスや通気性に優れているリネン、秋は背広の標準的な素材であるウール、冬は保温性が高くて見た感じもウインター向きのツイードやフランネルになります。

背広の裏地について

背広の「春夏もの」と「秋冬もの」は、裏地にも違いがあります。「春夏もの」では、背中の裏地が無い「背抜き」タイプが多いです。一方「秋冬もの」では、裏地が付いているのが普通です。但し近年では、長時間の着用を前提に、「秋冬もの」でも「背抜き」タイプが増えています。

季節仕様のスーツを着るメリット

「オールシーズンの背広なら1年中着られるので、それだけで良いのでは?」と考える方も居られるかも知れません。けれど、オールシーズンスーツを着用している場合、夏は「春夏もの」を着るより暑く、冬は「秋冬もの」を着るより寒く感じてしまいます。社会人としては、やはりそれぞれの季節に合った種類の背広を着るべきでしょう。ビジネスに集中できますし、周囲からの評価も高くなります。