オーダースーツを着た麻生首相はファッションセンス抜群です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツを着た麻生首相はファッションセンス抜群

役職にふさわしい麻生首相のオーダースーツ

麻生大臣、かつての麻生首相時代には、得意な英語力を生かして他国の指導者と対等に渡り合っていました。現在も財務大臣として、国会対応やG7財務相会議に出席するなど公務を精力的にこなされていますが、予算委員会での答弁に答えるときの麻生財務大臣のオーダースーツの着こなしがたびたび話題になるほど、現在の首相や他の大臣にはないセンスが光っています。

麻生首相のオーダースーツのファッションセンス

50年来のオーダースーツ店の利用

麻生氏は海外留学後、26歳で実家の麻生産業に入社しビジネスマンになっていくのですが、その時にオーダースーツを作って以来、衆議議員当選から麻生首相になり現在の財務大臣にいたる50年来まで同じオーダースーツ店で3か月に1着の割合で利用しているとのことです。麻生財務大臣が着るオーダースーツは、英国調のトラディショナルタイプで、体にぴったりフィットしたタイプになっています。

ドレスシャツへのこだわり

麻生大臣のこだわりはスーツだけでなく、ドレスシャツの選び方にも表れています。シャツも当然のことながらオーダーしたもので、シャツは肩の入り方、肩や腕の長さはジャストサイズでフィット感は抜群です。

アクセサリーへのこだわり

麻生首相時代から好むドレスシャツの袖にはシャツを折り返して留めるダブルタイプのカフスボタンを愛用しています。また、シングルタイプのカフスボタンも使用していますが、通常のビジネスマンが使用するT字型のタイプではなくチェーンタイプで両側にデザインがあしらわれているもので非常におしゃれ感が出るタイプのものです。

帽子へのこだわり

麻生大臣が麻生首相としての外遊時から印象的なスタイルであるハットが時折話題となっています。色はブラックでイタリア製のボルサリーノのフェルトハットで斜めにかぶったスタイルは、すごみが出ています。

持って生まれたセンスで洗ばれた麻生首相のオーダースーツ

麻生財務大臣は、20代から3か月に1着の割合で同じ店で作ったオーダースーツを着ているので、麻生首相時代を含めて現在に至る50年にも渡る着こなしは超一流です。オーダースーツの着こなしだけでなく、中に着るドレスシャツやネクタイやカフスボタンなどのアクセサリーや帽子に至るまでトータルでオーダースーツを着こなしているのがクールです。