オーダースーツを作る前に知りたい4つのメリットとデメリット

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツを作る前に知りたい4つのメリットとデメリット

オーダースーツを作る前に知りたい4つのメリットとデメリット

スーツを毎日着用するビジネスマンにとってカッコよくオシャレに過ごすことの意味は大きいです。スーツスタイルがマンネリ化している方も少なくないでしょう。オーダースーツを作ることで大きく4つのメリットがあるものの、デメリットもないわけではありません。これからオーダースーツを作ろうと思っているビジネスマンはメリットもデメリットも両方を理解しておく必要があります。

オーダースーツの4つのメリットとは

着心地のよいスーツを着用することでフィット感が大きく異なり、快適に過ごせる理由になるものです。スーツを毎日着用するビジネスマンであるからこそ、ピッタリと体に合うかどうかが気になるところです。既製品のスーツの型紙から自分に合うスーツの方を探す方法もあるものの、時間と手間がかかります。

オーダースーツであるのなら自分の体に合った型紙をベースとし、ストレスになることはありません。生地やデザインにこだわれるのも魅力のひとつです。自分好みにカスタマイズすることで満足度も高くなるでしょう。さらに、スーツが長持ちする理由にもなります。型紙やサイズが合わないスーツを着用することにより、シワやヨレなどができやすくなるものです。

フィット感を重視しつつシルエットを好みに合わせて調整できるオーダースーツであるのなら、生地への負担が軽減されます。また、使用される生地は上質な生地が多いのも大きいです。そして、相手から見た印象をよくできるというメリットも見逃せません。ビジネスマンが身だしなみや服装に気を配るのは当然であり、スマートにスーツを着こなすことが周囲から好印象に映りやすいです。

オーダースーツならではのデメリットについて

さまざまな魅力のあるオーダースーツではあるものの、デメリットもないわけではありません。まず、依頼をしてからスーツを作る作業に移るため、1カ月から3カ月程度の時間が必要となります。完成時期を予測し、早め位依頼をしておくいこしたことはありません。料金についても事前にしっかり確認をしておくべきです。

購入時に既製品よりも料金が高くなってしまうのはもちろん、パーツのカスタマイズによって予算がオーバーしてしまうこともないわけではありません。また、テーラーにうまくイメージを伝えられないこともあります。自分がスーツを着るシーンや職業を伝えるようにすれば、デザインで失敗することは少なくなるでしょう。

スーツを着る自分を考慮しての選択

オーダースーツを作ろうか考えている場合、相手に悪い印象を与えてしまうかを考慮すべきです。営業先に出向くことが多いビジネスマンだと、先方よりも明らかによい生地で仕立てたスーツを着ていることが悪印象を抱く理由にもなりかねません。

そして、既製品ではスーツを着ているのを吹聴して嫌味になってしまうのも避けないといけません。高そうなスーツを着ているといわれた場合に、相手に悪い印象を与えない返答が必要となります。デメリットとなってしまうかは自分次第であることも覚えておくべきであり、あくまでも自分が引き立つようにするアイテムであるといえます。

まとめ

オーダースーツの着用における4つのメリットとデメリットは事前に理解しておかないといけません。スーツを毎日着用するビジネスマンにとって快適でカッコよくオシャレに過ごせるのは魅力的であるものの、必ずプラスに作用するかは別問題です。前もってデメリットを理解しておけば、いざというときに適切な対応ができるはずです。既製服でジャストサイズのものを探すのが難しい方にとって、見た目アップに一役買ってくれるアイテムであるものの、本当に選択すべきかどうかを事前に考える必要があります。