動きやすい1着が欲しい!ストレッチスーツの基本と選び方

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 動きやすい1着が欲しい!ストレッチスーツの基本と選び方

動きやすい1着が欲しい!ストレッチスーツの基本と選び方

ビジネスシーンでは、長時間スーツを着用することが多く、動くことも多いため、伸縮性がある素材のスーツを着用するのがおすすめです。そういった環境の中で、人気があるのが「ストレッチスーツ」になります。

今回は、動きやすい1着であるストレッチスーツの基本と選び方について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

ストレッチスーツの基本的な特徴

動きやすいストレッチスーツとは、機能性や着心地を高めることに成功したスーツで、一般的なスーツよりも丈夫に出来ているのが特徴です。

機能性が高い理由としては、スーツ生地にストレッチ素材が使用されているためになります。ストレッチ素材は、伸縮性があり、縦横と伸ばすことができる性質を持っているのが魅力です。

従来のスーツには、伸縮性の低い素材が適用されていましたが、ストレッチスーツが登場したことで、スーツの概念が覆されました。

ストレッチスーツの素材には、ライクラ・スパンデックスなどといったポリウレタン系が配合されているので、高い伸縮性が実現されています。

伸縮性の高いストレッチスーツは、動きやすいだけでなく、丈夫であることから、スーツを着たまま動く、営業職の方におすすめです。着心地もいいことから、立ち上がったり、階段を登ることも容易に行うことができます。

また伸び縮みする性質を持っているため、シワになりにくく、綺麗なシルエットを維持することが可能です。

ストレッチスーツのメリットとデメリット

動きやすく伸縮性が高いストレッチスーツですが、具体的には、どのようなメリットがあるのでしょうか。ストレッチスーツのメリットとデメリットを解説していくので、参考にしてみてください。

ストレッチスーツのメリット

ストレッチスーツのメリットは、何といっても伸縮性が高いことによる動きやすさが良い点です。着用時の体への負担を減らすことで、日常的な動作をスムーズに行うことができます。

長時間着用していても、疲れが出ないことから、ビジネスシーンでも気軽に使用することが可能です。また伸び縮みすることから、シワになりにくい性質で、型崩れの心配をしなくてもいいのも魅力になります。

体のシルエットもスリムに見せることができることから、スタイリッシュに見せることが出来るのもストレッチスーツの特徴といえるでしょう。

ストレッチスーツのデメリット

伸縮性があり、動きやすいことからメリットが多いストレッチスーツですが、デメリットも存在しています。それは、クリーニングに弱いということです。

ストレッチスーツには、化学繊維が使用されていることから、通常のクリーニングでは機能性が損なわれる可能性があります。

また機能性が高い分、高級感が出にくいのもストレッチスーツのデメリットです。ストレッチスーツを選ぶ上では、オシャレに着こなすよりも機能性を重視して購入する方がいいかもしれません。

ストレッチスーツの選び方

ストレッチスーツの選び方としては、スリムでスタイリッシュに見せるために、サイズに注意して購入することが大切です。

背丈・ウエスト・胸元といった部分のサイズが適切であるか、入念に確認しておく必要があります。サイズだけ見て購入するのではなく、しっかり試着してから購入することを心掛けましょう。

また丈夫なストレッチスーツもサイズ感が小さいと、破れやすくなってしまいます。そのため、生地ダメージを抑える方法として、シックなどをつけることも検討することが大切です。

まとめ

ストレッチスーツは、伸縮性が高いことから、動きやすいだけでなく、丈夫な性質を持っています。そのため、ビジネスマンにとって心強い味方となってくれるのが特徴です。

ただクリーニングに弱い特徴を持っているので、クリーニングに出す際には、十分注意してから依頼を出すことが重要になります。

ストレッチスーツの選び方としても、サイズ感が合っていないと、スリムに見せることも出来なくなるので、適切なサイズで選ぶようにしましょう。