男性ゲスト必見!結婚式の2次会の服装マナーを解説致します

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 男性ゲスト必見!結婚式の2次会の服装マナーを解説致します

男性ゲスト必見!結婚式の2次会の服装マナー

友人や会社の同僚の結婚式2次会では、スーツを着用するのは基本ですが、他にも注意しないといけない点があります。 どのような服装マナーに気を付けないといけないのでしょうか。 今回は、男性ゲストに向けた、結婚式の2次会の服装マナーについて解説していきます。

基本はスーツで参加

結婚式2次会の招待状に、「平服でお越しください」と書かれていることが多いかと思います。平服とは、どんな服装のことを指しているのかというと、「略礼装」のことで、改まった場所で着てもマナー違反にならない服装のことです。

フォーマル服までいかなくても、普段着ではない服装で参加する必要があるということになります。

結婚式2次会で着る平服は、正式に決まっている訳ではありませんが、お祝いの場であることに変わりないので、スーツやジャケットが好ましいでしょう。
スーツやジャケットについても、状況に合わせて着るものに変化を加えることが大切です。

1.フォーマルな会場の場合

結婚式2次会の会場が、フォーマルであった場合は、黒やネイビーといった地味な色合いのスーツやジャケットが好ましいでしょう。
ネクタイについては、ストライプなどの柄が入っていても問題ありませんが、派手過ぎない色合いの物を選ぶことが大切です。

通常のスーツやスリーピーススーツを着用していけば問題ないでしょう。

2.カジュアルな会場の場合

レストランやカフェといった、カジュアルな雰囲気の会場であった場合は、上はジャケット、下はデニムのパンツでも問題ありません。
変に改まった服装で行くと、浮いてしまう可能性があります。

ただ行く場所などによっても状況が異なるので、知り合いが2次会に参加するのであれば、相談して打ち合わせを行っておくといいでしょう。

結婚式2次会でマナー違反になる服装

結婚式の2次会でマナー違反になる服装とは、どのような服装になるのでしょうか。
基本的に、新郎と被らないように、白いスーツはNGです。またカジュアルな雰囲気での2次会といっても、派手なスーツやジャケットも控えましょう。

着こなし的にも、ヨレヨレのジーンズやスニーカーも結婚式2次会には相応しくないので、ある程度、整った服装にすることがマナー的にも大切です。

全体的に黒すぎる服装も結婚式2次会には相応しくありません。
お祝いの席なのに、礼服を連想させてしまうので、適度に明るいスーツやジャケットの方がいいでしょう。

ネクタイについても、黒は避けるのが大切です。
結婚式2次会なので、派手過ぎなければ、カラーが入っているネクタイでも問題ありません。

シャツはカラーシャツでおしゃれを楽しむ

結婚式2次会で着るシャツについては、比較的カジュアルなシャツでも大丈夫です。スーツやジャケットに合うカラーシャツを着こなして、おしゃれを楽しみましょう。

ストライプやチェック柄のシャツでも、結婚式2次会であれば服装マナー的に問題ないので、個性を演出するためにも、白シャツ以外を選ぶことをおすすめします。

シャツの中でも派手な色合いのシャツやダメージ加工のものは、結婚式2次会でも服装マナー的に問題なので避けましょう。

目立ち過ぎず、適度な色や柄でおしゃれを演出することが、2次会のおしゃれを楽しむコツといえます。

まとめ

男性ゲストで結婚式2次会に呼ばれた場合、服装マナーは意識することが大切です。原則として、スーツやジャケットを着用し、平服で臨むようにいましょう。

シャツやネクタイは、多少の遊び心が入っていても問題ありませんが、羽目を外しすぎないことが重要です。

スーツは、黒や紺、グレーといった色合いを選択し、全体的に黒くならないように意識しておけば、無難に乗り越えることができます。

新郎新婦に恥をかかせないように、服装マナーを考慮して、結婚式2次会に参加していきましょう。