体型に合ったスーツを見つけるには?サイズの選び方

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 体型に合ったスーツを見つけるには?サイズの選び方

体型に合ったスーツを見つけるには?サイズの選び方

ビジネスシーンやプライベートシーンでも、体型に合ったスーツを探し、着用することは見た目的にも大切な要素になります。しかし、体型に合ったサイズのスーツの選び方は、どのように検討すればいいのでしょうか。

今回は、体型に合ったスーツを見つけるために必要なサイズの選び方について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

体型に合ったスーツのサイズとは?

体型に合ったスーツのサイズの選び方は、どのような部分に着目すればいいのでしょうか。まずはスーツのサイズを決める3つの種類について紹介していきます。

タイトなスーツ

全体的にスリムに見えるタイトなスーツは、スタイリッシュな雰囲気を周囲に与え、細身の方におすすめのスーツです。

ただ全体的なシルエットが細いにも関わらず、ノーマルスーツと同じようなサイズ感の襟にしてしまうと、バランスが悪くなってしまうので注意が必要になります。

スタンダードなスーツ

スタンダードなスーツは、多くの方が選ぶタイプのスーツの種類で、太もも周りや胸周り、肩周りなどに少しゆとりを持たせているデザインが多いのが特徴です。

体のフォルムを男性らしく演出することができるので、男らしさを全面的に押し出すことができるスーツになります。タイトなスーツよりも動きやすくデザインされているのが魅力です。

ワイドなスーツ

ワイドなスーツは、各パーツ部分のサイズが大きめに作られています。全体的に膨らみがあり、ふくよかな体型の方にはおすすめのスーツの種類です。

しかし、人によって余裕を持たせたいパーツの部分が異なるケースがあるため、1部分は問題なくても、他がダボっとして印象になってしまうのが難点になります。

体型にスーツのサイズを合わせる理由

自分の体型にスーツのサイズを合わせる理由は、どんなことが挙げられるでしょうか。具体的な理由を紹介していきます。

綺麗なシルエットにする

自分の体型に合っているスーツのサイズでないと、各パーツの部分でスーツがシワになってしまったり、スペースが空いてしまうことがあります。

その場合、綺麗なシルエットにはならず、見た目の印象が悪くなってしまう恐れがあるでしょう。そのため、綺麗なシルエットを表現するために、自分の体型に合ったスーツを選ぶことが大切です。

動きやすさを出す

体型にフィットしたサイズのスーツではないと、人は動きにくく感じてしまいます。サイズが小さい場合は、生地が引っ張られてしまい、動きが制限されてしまうでしょう。

サイズが大きい場合は、生地が余ってしまい、動き辛くなるだけでなく、見た目にもだらしなく映ってしまいます。

体型に合ったサイズの選び方

自分の体型に合ったサイズのスーツの選び方としては、まず自分の体の各パーツのサイズを把握しておくことが大切です。 自分で採寸しておけば、どのパーツに気を使いながら、スーツを選んでいけばいいのか、自ずと理解することができます。 また試着してみるのも大切です。実際にスーツを着てみることで、どこが窮屈なのか、余ってしまうのか判断することができます。 既製品で自分の体型に合ったスーツがない場合は、オーダーメイドでスーツを注文するのも一つの手です。 オーダースーツであれば、自分の体のサイズを採寸してくれるので、各パーツに合ったサイズでスーツを製作してくれます。

まとめ

スーツの種類には様々あり、タイトな物やワイドな物など、自分の体型に合わせてスーツを選ぶことができます。ただ1部分だけはサイズが合わないなど、人の個性によってはスーツ選びが難航してしまうことがあるでしょう。

そんな時は、オーダーメイドのスーツを依頼し、各パーツに合ったサイズでスーツを製作してもらう方法がおすすめです。細かく採寸してくれるので、確実に自分のサイズに合ったスーツを仕立ててくれます。

自分の体型に合ったスーツが見つからない場合は、オーダーメイドスーツを依頼し、理想的なスーツを製作してもらってください。