コットンスーツの特徴について上手な着方やお手入れ方法を紹介

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > コットンスーツの特徴について上手な着方やお手入れ方法を紹介

カジュアルさが人気のコットンスーツ

代表的なスーツの生地はウール(羊毛)ですが、コットン(綿)も負けず劣らず人気があります。コットンは、衣料に最も良く使用されている天然繊維であり、吸湿性に優れ、丈夫です。ウール素材とは違うカジュアルさが、コットンスーツが好まれている理由の1つです。セカンドスーツとして購入するビジネスマンも多いです。

コットンスーツの魅力とお手入れ方法

自在な着こなしが持ち味

他のスーツ素材には無い独特のシワやハリが、コットンスーツの特徴です。カラーヴァリエーションも豊富で、様々な上下の組み合わせを楽しむことができます。着方の自由度の高さが、持ち味と言えるでしょう。休日に引っ掛けて外出し、気軽にお洒落を楽しめます。

ビジネスシーンで個性を演出

コットン生地のスーツは、長らくカジュアル向きとされてきました。けれども、近年ではビジネスシーンで着用される方も増えてきています。そもそもコットンは、イタリアでは昔からビジネスマンに愛用されてきたスーツ素材なのです。カラーに関してはモカブラウンやベージュもエレガントですが、ビジネス的にはネイビーがお勧めです。ハリのあるコットンスーツで、タイトなフィット感を表現しましょう。

お手入れは慎重に

コットンは縮みやすい素材です。そのためコットン素材のスーツはシワが付きやすいという特色があります。シワ自体を楽しむ着方もありますが、ビジネス用のスーツならクリーニングに出すほうが安心です。洗濯機を使用する場合には、裏返しにしてから一番弱いモードで洗います。熱には強いため、アイロンがけは積極的に行うようにしましょう。霧吹きを用いて湿らせたり、アイロン用仕上げ剤を使うと、シワがより取れやすくなります。

汎用性の高いコットンスーツ

コットンスーツはフランクな着方ならカジュアル向きに、キッチリした着方ならビジネス向きになります。定番のスーツ以外に、もう1着、少しばかり変化があるスーツが欲しい方にお勧めです。よりカジュアルに着こなしたいなら、ネクタイを外して、シャツの代わりにトレーナーをインナーにするなど工夫を凝らしてみましょう。通勤と休日に着回せる汎用性の高さも、コットン素材のスーツの魅力です。