スーツに合わせる革靴を選ぶ折に気を付けるべきこととは?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツに合わせる革靴を選ぶ折に気を付けるべきこととは?

スーツスタイルの完成に欠かせない革靴

革靴は、スーツスタイルをお洒落に見せるために欠かせないアイテムです。良くない靴を履いていると、折角高級スーツを身に纏っていても、周囲に与える印象が台無しになってしまう可能性があります。逆に靴に工夫を凝らせば、見た目をグッとアップさせることが出来ます。ビジネスシューズ選びでは、スーツに合わせる視点を持つことが重要なのです。

革靴選びのポイント

ポイント①「少しきつめ」にする

足もとをリラックスさせたい方は緩めなサイズの靴に目が行きがちですが、「少しきつめ」を選ぶようにしましょう。上質な革靴は、時間が経つにつれどんどん足に馴染んできます。大き過ぎるサイズの靴を足に合わせることは不可能です。

ポイント②足のむくみ

レザーシューズを購入する折には、むくんでいる足に合わせるようにしましょう。一般的に、足が最もむくむ時間帯は夕方です。また、靴下はビジネスで普段使用しているタイプを履いていってください。

ポイント③スニーカーとの比較

ビジネスシューズには、「捨て寸」と呼ばれるつま先の余裕が設けられています。そのため、足に合う品を選ぶと、普段履いているスニーカーよりレザーシューズのサイズの数字が小さくなっているケースがあります。スニーカーより約1.0㎝ほどサイズが小さい革靴がお勧めです。

④基本のデザイン

デザインに迷った際には、ビジネスシューズの基本であるストレートチップかプレーントゥにしましょう。つま先に横一文字の切り返しがあるのがストレートチップ、甲やつま先に余計な装飾が一切ないのがプレーントゥです。靴のカラーは、スーツに合わせるようにします。明るい色彩の背広には、ブラウン系のカラーの靴が似合います。

重視すべき革靴の品質

革靴を購入する際に大切なのは、可能な限り良い品を選ぶようにすることです。一流のビジネスマンは靴にもこだわります。「使い捨て前提」は止めましょう。ビジネスシューズは、最低でも3~5年程度は履きつづけるべきです。「靴磨き」など、手入れも怠らないようにしてください。レザーシューズのデザインには、プレーントゥやストレートチップ以外にウイングチップやUチップなどもあります。但し、Uチップなどはカジュアルな印象が強いため、フォーマルな場に履いていくなら注意が必要です。