カジュアルスーツとスーツの違いは?着こなしポイントについても知りたい

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > カジュアルスーツとスーツの違いは?着こなしポイントについても知りたい

カジュアルスーツとスーツの違いは?着こなしポイントについても知りたい

ラフなビジネスシーンやプライベートで活躍してくれるカジュアルスーツは、オシャレに着こなすことで、格好いい男性としてアピールすることができます。ただフォーマルシーンで活躍するスーツとは、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、カジュアルスーツとスーツの違いについて、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

カジュアルスーツとスーツの違い

ラフなイメージがあるカジュアルスーツとスーツとでは、どのような違いがあるのでしょうか。まずスーツとは、ジャケットとパンツが同じ生地で製作されているセットの衣服のことを指していて、2ピーススーツや3ピーススーツなどで販売されていることがあります。

生地については、ウーステッドと呼ばれる生地素材が主流で、見た目的に光沢や艶があるのが特徴です。薄手の生地ながら熱やプレスに強い性質を持っています。シワが出来にくい素材でもあるので、ビジネスシーンで広く活用することが可能です。

カジュアルスーツについては、ウーレンという生地素材が使用されています。ウールの短い繊維を紡いで製作されるもので、ふっくらと厚みが出るのが特徴です。

他にも、ビジネススーツには肩パットが入っていますが、カジュアルスーツには肩パッドが入っていないことが多いといった違いもあります。

ジャケットの胸と腰部分にあるポケットのデザインからも、スーツとカジュアルスーツを見分けることが可能です。

単純に、見た目がカジュアルなスーツがカジュアルスーツと認識されることもあるので、フォーマルなシーンではスーツの着用しか認められないことも含め、状況に合わせてスーツの着用を検討する必要があります。

カジュアルスーツの着こなしポイント

オシャレな雰囲気を演出することができるカジュアルスーツは、着こなしが大切なポイントになります。どのような着こなしポイントが必要になってくるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

小物選びが大切

カジュアルスーツを着こなすポイントとしては、ネクタイといった小物選びも慎重に行うことが大切です。ストライプ柄のネクタイと組み合わせることで、全体的に華やかな印象に仕上げてくれます。

ドット柄のネクタイを取り入れることも、胸元をオシャレに演出してくれるので、カジュアルスーツを印象深い物にしてくれるでしょう。

シューズ選びも重要

カジュアルスーツにおすすめの靴は革靴です。スニーカーなどのラフなシューズは、カジュアルスーツといっても、バランスが悪くなってしまう可能性があります。

革靴の中でも、ストレートチップやウイングチップがおすすめです。ストレートチップの場合は、どのようなシーンでも活用できますが、少し堅い印象になってしまうでしょう。

ウイングチップの場合は、カジュアルスーツの雰囲気とマッチしているので、柔らかい印象のコーデとして活躍してくれます。

カジュアルスーツの選び方

自分に合ったカジュアルスーツの選び方としては、自分の体格に合ったジャケットを選ぶことが大切です。ジャケットの幅が広すぎると、肩が落ちてだらしなく見えてしまいます。

小さすぎても窮屈な印象になり、動きも制限されてしまうのでおすすめできません。しっかり自分の体型を把握して、フィットするカジュアルスーツを選択していきましょう。

またシーズンによって、生地選びを慎重に選ぶことも大切です。着心地や温度調整も出来るように、シーズンによって適切な生地を選択しましょう。

まとめ

オシャレな印象を与えることができるカジュアルスーツは、スーツとは生地や特性が異なります。そのため、フォーマルシーンでは活用できませんが、プライベートで上手く着こなせば、格好いい印象を与えることが可能です。

小物類やシューズをカジュアルスーツと上手く組み合わせることで、綺麗に着こなすことができるので、格好いいコーディネートを意識していきましょう。