シワや型崩れを防止するための誰でもできるネクタイの持ち運び術

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > シワや型崩れを防止するための誰でもできるネクタイの持ち運び術

シワや型崩れを防止するための誰でもできるネクタイの持ち運び術

ビジネスマンは研修や出張などでネクタイを持ち運ぶことも少なくありません。
カバンに入れるだけだとシワや型崩れの原因になりかねません。
きれいな状態でネクタイを持ち運ぶにはどうすればよいのでしょうか。
ネクタイケースの活用や、持ち運びに適した種類を選択するといった、さまざまな持ち運び術があります。
きれいな状態でネクタイを持ち運ぶためのポイントを解説していきます。

丸型と薄型で収納でどう影響するのか

ネクタイケースは大きく分けると丸型と薄型があります。
持ち運ぶ際にはどちらの種類であるかが重要です。
丸型は丸めて収納するタイプで折り目が付く心配はなく、薄型よりも持ち運びに適しています。
薄型はネクタイを折って収納するタイプで平らに収納しやすいのが特徴となります。
長時間の移動であってもきれいに持ち運べるのが嬉しい要素であり、かさばって邪魔になることもありません。
出張や旅行などでコンパクトに持ち運びたい場合は丸型を選択し、面接や研修の場にはスリムな薄型を選ぶとよいでしょう。

ネクタイをビジネスバッグにそのまま入れることでシワや型崩れ、折り目がついてしまうことがあります。ネクタイケースを使うことで何も心配することはありません。
どう持ち運べばよいか分からない場合はまずネクタイケースを購入することを視野に入れた方がよいでしょう。

ビジネスバッグの空きスペースを考慮して選択

これからネクタイケースを購入する場合、持ち運ぶシーンを考えて選択するのが望ましいでしょう。
また、ビジネスバッグの空きスペースも考慮して選択した方がよいでしょう。手のひらサイズでまとまりやすい丸型はコンパクトに収納したい場合に適しています。折り目が付いてしまうことを避けるのにもピッタリです。
薄型は長時間保管しながら持ち運ぶのに適しており、ビジネスバッグのなかでも場所を取らないのが特徴となります。

さらに、どんな素材であるかも注目しましょう。
プラスチックやレザーなどの使っている素材による違いがあります。本革はおしゃれな印象を与えるアイテムとなり、大人の男性に適しているといえるでしょう。
ナイロンは水に強いのがセールスポイントであり、もしもビジネスバッグが濡れてしまっても水が浸水することはありません。
プラスチックはリーズナブルな価格であるとともに、軽量で重さの負担は少ないです。

収納できる本数を確認

それぞれのネクタイケースには収納できる本数が限られています。
出張や旅行などの場合は収納できる本数が多いにこしたことはありません。内側にポケットが付いていると小物を入れる際に便利です。
また、ワイシャツも合わせて入れられるアイテムもあります。
どちらも型崩れしやすいからこそ、上手に収納しながら防止できます。

持ち運んだネクタイにシワや型崩れがあると、身だしなみが整っていないと判断されてしまいます。
シワや型崩れのないビシッとしたネクタイであることがビジネスマンとしての価値を高めることになるものです。
きれいな状態で持ち運ぶのは難しそうで簡単です。
用途に応じて適したアイテムを活用していきましょう。

まとめ

ビジネスバッグにただネクタイを入れるだけでは、シワや型崩れしやすくなってしまいます。
ビジネスマンとして身だしなみを整えるのは、信頼関係を築くために重要な要素であるのは間違いありません。
持ち運びが必要となる場合においてもシワや型崩れしないようにしましょう。
きれいな状態を保つためにはそれぞれの種類によっての違いも理解して選択しましょう。
丸型と薄型のどちらが自分に適しているのかを考え、状況に応じて使い分けられるようになれば不安は一切なくなるものです。