青いスーツを着こなそう!選び方のポイントは?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 青いスーツを着こなそう!選び方のポイントは?

青いスーツを着こなそう!選び方のポイントは?

青いスーツはビジネスシーンからパーティーシーンまで、幅広く着用することができ、カラーバリエーションも微妙な色合いを変化することで楽しむことができます。そんな青いスーツの選び方のポイントとは、どのようなことに着目すればいいのでしょうか。

今回は、青いスーツの選び方や着こなし方について、詳しい内容を紹介していきます。

青いスーツの印象

人の印象は目に入った瞬間に決められることが多いため、どのような状況でも、身につける物には細心の注意が必要です。特に、人の心理に働きかける内容として、色は重要な要素となります。そのため、着るスーツの色によって、相手に与える印象も異なることが多いのです。

青いスーツの場合は、「信頼性」・「誠実さ」・「知的」といった印象を周囲の方に与えることができます。他にも、爽やかな印象を与えることも、青いスーツでは可能なので、どのようなシーンでも青いスーツは、第一印象を上げるためにおすすめです。

青いスーツの選び方

青いスーツは、微妙な色の変化によってバリエーションが豊富なのが特徴です。スーツの生地や色によって季節感のある着こなし方を楽しむことができるでしょう。

具体的には、どのようなことに着目して、青いスーツ選んでいくのか、詳しい内容を紹介していきます。

季節ごとに色を変える

青いスーツの選び方としては、季節ごとに微妙に色合いを変える方法がおすすめです。春と夏であれば、水色や空色といった薄い雰囲気の青いスーツがいいでしょう。爽やかな雰囲気で、清涼感を周囲に与えることができます。

秋と冬については、落ち着いた雰囲気の濃い色味の青いスーツがおすすめです。具体的には、ネイビーなどがいいでしょう。紺系の色合いは、柔らかい印象を与えることもできるので、印象を丸くすることができます。

濃紺などは、1年を通しておすすめの色合いになっているので、青いスーツを購入する上では1着持っていて損はないでしょう。

スーツ生地で印象も変わる

同じ色の青いスーツであったとしても、生地を変えることで印象を変えることができます。ストライプやチェックなど、柄を取り入れることで、華やかさや繊細を表現することが可能です。自分の理想のスーツを検討するためにも、スーツ生地を慎重に選ぶことも大切になります。

青いスーツの着こなし方

青いスーツを綺麗に着こなすためには、どのような方法があるでしょうか。青いスーツの着こなし方について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

シャドーストライプで誠実さをアピール

シャドーストライプは、同じ色で柄をつけることで、遠目からは無地に見えるのが特徴です。光の当たり具合で濃淡が変わることから、さりげなくオシャレをアピールすることができます。

フォーマルシーンでも活用でき、シャドーストライプで誠実さを印象付けることが可能です。

無地のスーツとネクタイでシンプルコーデ

シンプルに青いスーツを着こなしたい場合は、無地の青いスーツに、無地のネクタイで落ち着いた雰囲気を演出することができます。

このシンプルコーデであれば、どのような場面でも活用することができるので、真面目な印象を相手に与えることができるでしょう。

まとめ

青いスーツは、相手に誠実さや爽やかな印象を与えることができるため、フォーマルシーンでも活用することができます。第一印象をよくすることができるので、大切な場面で着用するといいでしょう。

着こなし方としては、無地のスーツとネクタイでシンプルにコーデしたり、シャドーストライプで、さりげないオシャレを演出するのがおすすめです。

また季節によって、微妙に青いスーツの色合いに変化を加えることで、さらにオシャレな印象を周囲に与えることができます。色々と組み合わせてみて、自分なりの工夫を施していきましょう。