働く女性がもう迷わないビジネスカジュアルのポイントと注意点

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 働く女性がもう迷わないビジネスカジュアルのポイントと注意点

働く女性がもう迷わないビジネスカジュアルのポイントと注意点

働く女性がビジネスカジュアルを取り入れるのは簡単そうで難しいものです。間違ったコーディネートをすることで相手に悪印象を与えることにもなりかねません。ポイントを熟知してコーディネートすれば働く女性がもう迷うことはなくなります。何を意識してコーディネートすべきかのポイントについて覚えていきましょう。

シンプルなコーディネートを心がける

女性のビジネスカジュアルスタイルで最も重要となるポイントがシンプルなコーディネートです。派手なコーディネートは悪目立ちしてしまい、避けるのが基本です。カジュアル過ぎたり露出が多くなったりするのも清潔感がないと見られてしまいます。女性のビジネスカジュアルは職場の規定に合わせて取り入れられる範囲が決まるため、職場の雰囲気に合わせるようにしましょう。

デニム、ノースリーブ、サンダルといったアイテムはカジュアル寄りになり過ぎてしまいます。さらに、ブーツ、ミュール、襟なしトップスといったアイテムが禁止される場合もあります。カーディガンとブラウスそしてひざ丈スカートを組み合わせての定番のコーディネートなら間違いありません。

オシャレを楽しみたい気持ちよりも仕事場での服装として失礼がないようにしましょう。働く女性のビジネスカジュアルは柔らかい雰囲気が出るようにコーディネートするのが望ましいです。襟付きのシャツやブラウスはいくつか用意しておいた方がよいでしょう。ゆったりし過ぎるコーディネートはだらしない印象を与えかねません。自然なラインの洋服を選択しましょう。

定番の色を取り入れたコーディネート

女性のビジネスカジュアルで採用すべき色は黒、紺、グレー、ベージュなどのビジネスシーンで定番の色です。鮮やか過ぎる色は悪目立ちしてしまう理由になります。普段着では鮮やかな色を採用しているにしても、あくまでも仕事場での服装であることを認識した方がよいでしょう。しかし定番の色ばかりだと固すぎる印象に映るかもしれません。淡い色を上手に組み合わせることで柔らかい仕上がりになるのがポイントです。

先輩社員がどういった服装であるかもチェックしておきたいところです。よいと思うところは自分も採用し、職場の規定に沿うようにしましょう。職場で誰も採用していない色は避けるのが基本です。

用意しておきたい万能アイテム

ビジネスカジュアル用に洋服を購入するのはもちろん、プライベートでも着用できるのならコストパフォーマンスに優れた選択となるでしょう。落ち着きのある色合いの柄シャツは下半身の合わせ方次第でフォーマル仕様にもプライベート仕様にもできます。

また、ジャケットを着用することで一気にフォーマル感の強い印象になるのがポイントです。骨盤を目安に丈の長さを調整すればスカートにもパンツにも合わせることができます。ベージュだとフェミニン系、黒だとカッコイイ女性に見せられます。

ジャケットと合わせるのなら春ニットは汎用性が高く、首元とシルエットが緩めのブラウスもオシャレでプライベートでも着用できて便利です。万能アイテムをいくつか用意しておけばコーディネートに迷うことが少なくなります。大人の女性としての余裕を感じられるコーディネートはポイントさえ分かっていればそれほど難しくはありません。大成功よりも失敗しないことを重視して取り組んでいきましょう。

まとめ

働く女性のビジネスカジュアルの大前提は職場での服装として問題ないかです。シンプルなコーディネートを心がけるとともに、定番の色を上手に使っていきましょう。大成功のコーディネートよりも失敗しないコーディネートであるのが大切です。汎用性の高いアイテムをいくつか用意しておけば、その日のコーディネートに迷うことは少なくなります。特別な装いである必要はなく、重要なポイントを取り入れたコーディネートにしましょう。