「オーダースーツ SADA」が「ダサい」と関連語句で出てくる理由

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 「オーダースーツ SADA」が「ダサい」と関連語句で出てくる理由

「オーダースーツ SADA」が「ダサい」と関連語句で出てくる理由

「オーダースーツ sada ダサい」という関連キーワードが出てくるのはなぜ?口コミチェックしてみました。」の記事では オーダースーツSADAについての口コミを中心に掲載をしましたが、ここではさらに深く考察をおこなっていきたいと思います。

 

SADAの基本情報

株式会社オーダースーツSADA

  • 設立:1957年(昭和32年)1月25日
  • 創業:1961年(昭和36年)8月
  • 事業内容:紳士・婦人オーダースーツの製造・卸・販売
  • フルオーダースーツを19,800円(税込21,780円)から提供

 

SADAの特徴

SADAはフルオーダースーツを低価格で提供することを特徴とし、プロスポーツチームや有名人にもスーツを提供していることから、高い信頼性をアピールしています。しかし、口コミを見ると、一部の顧客は満足していないようです。

 

口コミから見たSADAの評価

 

  1. 接客態度
    • 口コミでは「雑」「冷たい」「不親切」といった声が多く見られます。特に、店員の服装や態度が「オシャレではない」「スーツに着られている」という評価も。
    • 丁寧な接客とお客様の要望をしっかりと聞き取ることが重要で、店員自身がスーツを着こなすことで信頼を得ることができます。

  2. サイズ感と仕上がり
    • 「フルオーダー」を謳いながらも、中国の工場で大量生産されているため、サイズ感にばらつきがあるとの指摘があります。
    • サイズ直しが無料で提供されるものの、「サイズが合わない」「仕上がりが悪い」という声が多いです。

  3. 品質と生地の選択肢
    • 仕上がりに関して「安っぽい」「縫製が雑」という評価があります。
    • 生地の質やデザインについても「選択肢が少ない」「流行に乗り遅れている」といった指摘があります。

具体的な口コミ例

  • ぽんこさん(2023.01.28):接客がイマイチ。受取時の対応が悪く、19800円で買えるのは一部のみで、接客の重要性を再認識。

  • ヒュージパイさん(2022.12.25):予約のオペレーションに問題があり、格安生地が品切れとのこと。接客態度が悪く、口コミ通りの低評価。

  • とくめいさん(2023.08.08):「ダサい」という評価。生地の質感が悪く、スタッフの対応が不親切。

  • 梅太郎さん(2023.04.15):接客態度が悪く、予約時の生地が無いなど、広告に対する不満が多い。

  • ねいさんさん(2020.04.26):接客や不良品時の対応が良くない。知識不足のスタッフが対応し、仕上がりに不満。

SADAを利用する際の注意点

  1. 事前に口コミを確認する
    • 初めて利用する方は、事前に口コミサイトで評価を確認し、店舗や担当スタッフの評判をチェックすることが重要です。

  2. 接客に期待しすぎない
    • 口コミを見る限り、接客態度にばらつきがあるため、期待しすぎない方が良いでしょう。

  3. サイズ感と仕上がりに注意
    • サイズ直しが必要になる場合があるため、余裕を持ってオーダーすることをおすすめします。また、仕上がりに不満がある場合は、遠慮せずに再調整を依頼しましょう。

  4. 生地の選択に慎重になる
    • 生地の質やデザインに対する不満が多いため、可能であれば複数の生地を確認し、自分の好みに合うものを選ぶことが重要です。

 

オーダースーツSADAの利用者が気をつけるべきポイント

 

1. 接客態度にばらつきがある

SADAの口コミでは、接客態度に対する不満が頻繁に見られます。「雑」「冷たい」「不親切」といった評価が多く、一部の顧客は店舗に入店しても挨拶がない、接客中にほったらかしにされるといった体験を報告しています。例えば、ある顧客は予約して朝一番に来店した際は問題なかったが、受取時に店舗に入っても挨拶がなく、他の接客に手一杯の様子で放置されたと述べています。こういった経験は、顧客に不快な印象を与え、店舗全体の評価を下げる原因となります。

さらに、SADAの接客に関する口コミでは、スタッフの知識不足も指摘されています。例えば、初めてのオーダースーツを作るために来店した顧客が、店員からスーツの基本的な知識やアドバイスを求めても、具体的な回答が得られなかったり、質問に対する対応が不親切だったりするケースがあります。ある顧客は、生地の選び方やスーツの特徴について質問した際、店員が無表情で答えるだけで、積極的な提案やカウンセリングがなかったと述べています。こうした対応は、特に初めてオーダースーツを作る顧客にとって不安を増大させる要因となります。

接客態度のばらつきは、店舗やスタッフによって異なることが多いため、事前に店舗やスタッフの評価を確認することが重要です。口コミサイトやレビューをチェックし、評価の高いスタッフや店舗を選ぶことで、より良いサービスを受けることができます。また、SADA自身も接客態度のばらつきを改善するために、スタッフの教育やトレーニングを強化し、全店舗で一貫した高品質なサービスを提供することが求められます。

顧客がSADAを利用する際には、以下の点に注意することをおすすめします。まず、事前に予約を入れ、訪問時にスムーズに対応してもらえるように準備をすることです。予約の際には、具体的な要望や希望を伝え、担当スタッフが把握していることを確認しましょう。次に、来店時には自分の希望や質問を明確に伝えることが大切です。疑問点や不明点があれば積極的に質問し、納得のいく説明を受けることで、満足度の高いサービスを受けることができます。

また、接客態度に不満を感じた場合は、その場で適切な対応を求めることも重要です。問題点を指摘し、改善を求めることで、スタッフの意識を高め、サービスの質を向上させる一助となります。SADA側も、顧客からのフィードバックを真摯に受け止め、改善策を講じることが必要です。例えば、定期的なスタッフ研修や、接客態度のチェックを行うことで、接客の質を均一に保つことができます。

2. サイズ感のばらつきと再調整の必要性

SADAのオーダースーツはフルオーダーを謳っていますが、実際の口コミではサイズ感にばらつきがあるという指摘が多く見られます。多くの顧客が、仕上がりのスーツが期待していたサイズと異なることを経験しており、特に「ぶかぶか」「タイトすぎる」といった評価が目立ちます。例えば、ある顧客は受け取ったスーツがワタリとヒップが非常にタイトで、再調整を依頼しても納得のいく仕上がりにはならなかったと述べています。

サイズ感のばらつきの一因として、SADAが大量生産を行っていることが挙げられます。フルオーダーを謳いながらも、中国の工場で大量に製造されているため、細部の調整が不十分な場合があります。(※納期短縮サービスのオプションを利用した場合は国内工場での縫製)特に、採寸時の不備やミスが影響し、顧客が希望するフィット感を実現できないケースが多々あります。また、仮縫いがないため、最終的なフィット感を確認する機会が限られていることも問題です。

こうした状況に対応するため、SADAはサイズ直しを無料で提供していますが、それでも顧客の満足度を完全に保証することは難しいようです。再調整を依頼したにもかかわらず、再びサイズが合わない、仕上がりが悪いといった声が多く聞かれます。例えば、別の顧客はスーツの丈が短すぎたり、ウエストがぶかぶかであったりと、再調整を行った後でも問題が解決しなかったと述べています。

サイズ感のばらつきに対処するためには、以下の対策が考えられます。まず、顧客は採寸時に自分の希望や体型の特徴をしっかりと伝えることが重要です。具体的な要望をスタッフに伝え、納得のいくまで採寸を行うことで、仕上がりのサイズ感を向上させることができます。また、仮縫いの代わりに提供されるゲージ服(補正着)を試着する際には、しっかりと確認し、必要な調整を依頼することが大切です。

SADA側も、採寸の精度を向上させるためにスタッフのトレーニングを強化し、最新の測定技術を導入することが求められます。さらに、顧客が再調整を依頼する際には、迅速かつ丁寧な対応を行い、顧客の満足度を高める努力が必要です。例えば、再調整の際に仮縫いを追加するなど、より細かいフィッティングを行うことで、最終的な仕上がりの品質を向上させることができます。

また、サイズ感に対する期待と現実のギャップを減らすために、SADAは透明性を持ったコミュニケーションを行うことが重要です。顧客に対して、フルオーダーと謳っているが一部の工程が機械化されていることや、大量生産されていることを明示することで、期待値を適切に設定することができます。これにより、顧客が実際の仕上がりに対して納得しやすくなり、不満を減少させることができるでしょう。

3. 生地と仕上がりの品質に注意

SADAのオーダースーツの低価格は魅力的ですが、生地や仕上がりの品質に関する不満も多く見られます。口コミでは「安っぽい」「縫製が雑」という評価が目立ち、特に低価格帯の生地に対する不満が多いです。例えば、ある顧客は19800円のスーツをオーダーしたが、生地の質が悪く、糸のほつれが多く見られたと述べています。さらに、仕上がりに関しても、シワが多い、縫製が雑といった問題が指摘されています。

生地の質に関する不満の一因として、選択肢の少なさが挙げられます。SADAは低価格でオーダースーツを提供するために、生地の種類を限定していることがあります。特に、初回限定の格安生地は在庫が限られており、顧客が希望する生地を選べない場合があります。口コミでは「選べる生地が少ない」「生地の質が悪い」といった声が多く、これが「ダサい」という評価に繋がる要因の一つです。

仕上がりの品質についても、問題が多く指摘されています。例えば、ある顧客は受け取ったスーツの縫製が雑で、糸がほつれていたり、縫い目が不均一であったりしたと述べています。また、別の顧客はスーツのシルエットが期待と異なり、座った際に股間の部分が盛り上がってしまうという問題を経験しています。こうした仕上がりの問題は、見た目にも影響し、顧客の満足度を大きく下げる要因となります。

生地と仕上がりの品質に対する不満を解消するためには、以下の対策が考えられます。まず、顧客は生地の選択に慎重になることが重要です。可能であれば、複数の生地を確認し、自分の好みに合ったものを選ぶことが大切です。また、事前に口コミをチェックし、生地の質や仕上がりに関する評価を確認することで、より良い選択をすることができます。

SADA側も、生地と仕上がりの品質を向上させるために、以下の取り組みを行うことが求められます。まず、生地の選択肢を増やし、顧客が自分の好みに合った生地を選べるようにすることが重要です。さらに、生地の質を向上させるために、信頼できるサプライヤーからの調達を行い、品質管理を徹底することが必要です。

仕上がりの品質についても、製造工程の見直しが求められます。例えば、縫製の精度を向上させるために、最新の縫製技術を導入し、製造過程での品質チェックを強化することが重要です。また、仕上がりの品質を保証するために、最終チェックを厳格に行い、不良品が顧客に届かないようにする取り組みが必要です。

さらに、顧客に対して、品質保証の仕組みを明示することで、安心感を提供することができます。例えば、品質に不満がある場合には無料で修理や交換を行う制度を設けることで、顧客の信頼を得ることができます。また、品質向上のための取り組みや改善策を積極的に発信し、透明性を持ったコミュニケーションを行うことが重要です。

4. 接客オペレーションの不備

SADAの口コミでは、接客オペレーションに関する不備が多く指摘されています。特に、予約オペレーションや在庫管理の問題が顧客の不満を招いています。例えば、ある顧客はネット予約をしたにもかかわらず、翌日電話がかかってきて、その時間は先約があるため日程変更を依頼されたと述べています。予約が正しく取れていない、または予約時間にスタッフがいないといったトラブルが発生し、顧客に不便を感じさせる原因となっています。

在庫管理の問題も顧客の不満を引き起こしています。例えば、広告で格安生地を提供していると謳っているにもかかわらず、店舗に行くとその生地が品切れであるというケースが多く報告されています。これは、おとり広告のような印象を与え、顧客の信頼を損ねる結果となっています。また、在庫状況が正確に管理されていないため、顧客が希望する生地やサイズが選べないことが多く、不満を抱かせる要因となっています。

接客オペレーションの不備を解消するためには、以下の対策が考えられます。まず、予約オペレーションを見直し、正確な予約管理を行うことが重要です。例えば、オンライン予約システムを改善し、リアルタイムでの予約状況を把握できるようにすることで、予約のダブルブッキングやスタッフの不足を防ぐことができます。また、予約確認の際には、顧客に対して詳細な案内を行い、スムーズな対応を心がけることが求められます。

在庫管理の改善も重要な課題です。在庫状況をリアルタイムで把握し、正確な情報を提供することで、顧客が希望する生地やサイズを選べるようにすることが必要です。例えば、在庫管理システムを導入し、各店舗間で在庫情報を共有することで、在庫切れを防ぎ、顧客に正確な情報を提供することができます。また、広告で謳っている商品が実際に提供できるよう、在庫を適切に管理し、顧客の期待に応えることが求められます。

さらに、顧客対応においても改善が必要です。例えば、接客オペレーションを標準化し、全スタッフが同じ基準で対応できるようにすることが重要です。これには、スタッフのトレーニングを強化し、接客マニュアルを作成することが含まれます。また、顧客からのフィードバックを積極的に収集し、接客オペレーションの改善に活かすことも重要です。例えば、顧客アンケートを実施し、接客態度やオペレーションに対する評価を定期的に確認することで、改善点を把握し、迅速に対応することができます。

顧客がSADAを利用する際には、以下の点に注意することをおすすめします。まず、予約の際には詳細な確認を行い、予約内容や日時が正確に記録されていることを確認しましょう。また、店舗に行く前に在庫状況を確認し、希望する生地やサイズが選べるかどうかを確認することが重要です。さらに、接客態度やオペレーションに不満を感じた場合は、その場で適切な対応を求めることも重要です。

SADA側も、接客オペレーションの不備を改善するために、以下の取り組みを行うことが求められます。まず、予約管理システムの導入や改善を行い、正確な予約管理を実現することが重要です。また、在庫管理システムを導入し、リアルタイムで在庫状況を把握できるようにすることで、顧客に正確な情報を提供することが必要です。さらに、スタッフのトレーニングを強化し、接客オペレーションを標準化することで、全店舗で一貫した高品質なサービスを提供することが求められます。

5. 初心者への対応不足

初心者に対する対応不足も、SADAの口コミで頻繁に指摘される問題です。オーダースーツが初めての顧客にとって、丁寧な説明やアドバイスが求められますが、SADAではそれが不十分であると感じる顧客が多いです。例えば、ある顧客はスーツの選び方や生地の特徴について質問した際、店員からの説明が不十分で、納得のいく回答が得られなかったと述べています。こうした対応は、初心者にとって不安を増大させる要因となります。

初心者に対する対応不足の一因として、スタッフの知識や経験不足が挙げられます。特に若いスタッフやアルバイトが多い店舗では、オーダースーツに関する専門知識が不足していることがあります。これにより、初心者の顧客が求める情報やアドバイスを提供できず、不満を抱かせる結果となります。また、初心者に対するカウンセリングやフォローが不十分であるため、顧客が安心してオーダースーツを作ることができないという問題もあります。

初心者への対応不足を解消するためには、以下の対策が考えられます。まず、スタッフの教育を強化し、オーダースーツに関する専門知識を習得させることが重要です。例えば、定期的なトレーニングや研修を実施し、スタッフが最新の知識や技術を身につけることで、顧客に対する説明やアドバイスの質を向上させることができます。また、初心者向けのガイドラインやマニュアルを作成し、スタッフが一貫した対応を行えるようにすることも必要です。

顧客がSADAを利用する際には、以下の点に注意することをおすすめします。まず、事前にオーダースーツに関する基本的な知識を身につけておくことが重要です。インターネットや書籍を利用して、自分の希望やニーズを明確にすることで、スタッフとのコミュニケーションがスムーズになります。また、来店時には自分の質問や希望を具体的に伝え、納得のいくまで説明を受けることが大切です。

さらに、SADA側も、初心者に対する対応を改善するために、以下の取り組みを行うことが求められます。まず、初心者向けのカウンセリングを強化し、初めてオーダースーツを作る顧客に対して、丁寧な説明やアドバイスを提供することが重要です。例えば、初回カウンセリングの際に、スーツの選び方や生地の特徴、オーダーの流れなどを詳細に説明し、顧客が安心してオーダースーツを作れるようにサポートすることが必要です。

また、初心者向けの情報発信を積極的に行うことも重要です。例えば、ウェブサイトやSNSを活用して、初心者向けのガイドやFAQを提供することで、顧客が事前に必要な情報を得ることができます。これにより、来店時の不安を軽減し、スムーズなオーダー体験を提供することができます。

6. 他のオーダースーツ店との比較

SADAのオーダースーツを利用する際には、他のオーダースーツ店と比較することが大切です。口コミや評価を見て分かるように、SADAには接客態度やサイズ感、仕上がりの品質に関する問題が指摘されています。他のオーダースーツ店と比較することで、自分に合った最適な選択をすることができます。

例えば、FABRIC TOKYOやHANABISHIなどの他のオーダースーツ店も検討してみると良いでしょう。これらの店舗は、SADAと同様に低価格でオーダースーツを提供している一方で、接客態度や仕上がりの品質において高評価を得ていることが多いです。口コミサイトやレビューをチェックし、各店舗の特徴や評価を比較することで、自分に合った店舗を見つけることができます。

他のオーダースーツ店と比較する際には、以下のポイントに注意すると良いでしょう。まず、価格と品質のバランスを確認しましょう。安価なオーダースーツは魅力的ですが、品質が低いと満足度が下がります。口コミや評価を参考にし、価格に対する品質の評価が高い店舗を選ぶことが重要です。また、接客態度やサービスの質も比較のポイントです。丁寧な接客やカウンセリングが提供される店舗を選ぶことで、安心してオーダースーツを作ることができます。

さらに、仕上がりの品質やサイズ感も重要な比較ポイントです。口コミを参考にし、仕上がりに満足している顧客が多い店舗を選ぶことで、失敗のリスクを減らすことができます。また、サイズ感に関する問題が少ない店舗を選ぶことで、再調整の手間を省くことができます。

顧客がSADAを利用する際には、他のオーダースーツ店と比較することで、より良い選択をすることができます。比較検討を行うことで、自分に合った最適なオーダースーツを手に入れることができ、満足度の高い体験を提供することができます。また、SADA側も、他のオーダースーツ店と競争するために、接客態度や仕上がりの品質を向上させる取り組みを行うことが求められます。

 

まとめ

オーダースーツSADAは低価格でフルオーダースーツを提供している一方で、接客態度やサイズ感、生地の品質に関する評価が分かれる傾向にあります。利用する際には、口コミを参考にしながら慎重に判断し、店舗やスタッフの評価を確認することが成功の鍵となります。また、他のオーダースーツ店とも比較検討し、自分に合った最適な選択をすることが重要です。

オーダースーツ店舗ランキング

PAGE
-TOP