不潔な印象を与えないスーツが雨に濡れたときのお手入れ方法

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 不潔な印象を与えないスーツが雨に濡れたときのお手入れ方法

不潔な印象を与えないスーツが雨に濡れたときのお手入れ方法

スーツを雨に濡れたまま放置すると匂いやシワの原因となり、相手に不潔な印象を与えてしまいます。多くの方と会うビジネスマンにとって死活問題になります。大切なスーツを台無しにしないためにお手入れ方法を覚えていきましょう。ちょっとした工夫によってスーツを長持ちさせることができます。

スーツが雨に濡れることによる影響について

スーツが雨に濡れることによって型崩れが起こってシワやよれの原因となります。さらに臭いが発生したり雑菌が繁殖したりする可能性もあります。雨に濡れてしまった場合はすぐに水分を優しく拭き取りましょう。水分を拭き取った後に風通しのよい場所で乾燥させましょう。中にタオルを挟んで湿気を吸い取るのも忘れてはいけません。そして乾いた後にブラッシングしていきます。基本的な対応をすることで汚れやシワそして臭いを取り除くことができます。

撥水加工されていない場合は特に影響を受けてしまいます。事前に雨に濡れることを想定するのなら濃いダークスーツを選ぶようにして目立ちにくくさせるのがおすすめです。

シワや臭いが残っている場合はスチームアイロンを使う

いくら雨に濡れたスーツの水分を拭きとって乾燥させたとしてもシワや臭いが残る場合もあります。シワや臭いをしっかり取り除くためにスチームアイロンを活用していきましょう。生地から1cm程度浮かせて当てることでシワや臭いを取り除くことができます。注意点となるのは素材によってアイロンの温度を変えないといけないことです。ナイロンやアクリルは110〜130℃、ウールは130~150℃にしましょう。

無臭タイプの消臭スプレーも活用して臭いを取り除くのも効果的です。最終的にクリーニングに出すことになったとしても、自分で対応することで第一印象が悪くならない状態に持っていくことができます。

暑い季節は水濡れに強い高機能スーツがおすすめ

雨に濡れることはもちろん暑い季節は湿気が原因の汗によってスーツが濡れてしまうことも多くなります。いくら毎日ちゃんとお手入れをしたとしても、消耗度が高くなるものです。暑い季節は水濡れに強い高機能スーツを選択し、撥水及び防汚効果を高めるのがおすすめです。通気性や生地の風合いを損なうことなく、着心地のよさと見た目に拘ることができます。特に外回りをすることの多いビジネスマンにうってつけです。遮熱作用が高い場合は暑い季節でも快適に過ごせるメリットもあります。

雨に濡れることが多いのが分かっているのなら、雨に濡れた場合を想定しての選択がおすすめです。水濡れに強い高機能スーツは高価な買い物とはなるものの、相手に不潔な印象を与えないために役立つアイテムとなります。ビジネスマンは見た目によって仕事ができるか判断されます。シワや臭いによって相手に不潔な印象を与えることは損失になるものです。

日々の生活で雨や汗などで濡れてしまった場合はすぐに最善の対応を心がけましょう。そして高機能のスーツを選択するのも視野に入れた方がよいでしょう。できるビジネスマンほど自分が相手からどう映るかを考えて入念にお手入れしたり適したものを選択したりしています。

まとめ

水分を拭き取って乾燥させてブラッシングするといった基本的なお手入れを怠らないようにすれば、雨に濡れたときの影響を受けることは少なくなります。相手に不潔な印象を与えるのはビジネスマンにとって死活問題になります。できるだけ水濡れしないようにするのはもちろん、自宅に帰ってから迅速に基本通りのお手入れをするかが肝心です。また、水濡れに強いものを選択するのもひとつの方法で、暑い季節でも快適に過ごせるのもメリットとなります。