オーダースーツがほつれたときはどうすればいい?応急処置の方法について

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツがほつれたときはどうすればいい?応急処置の方法について

オーダースーツがほつれたときはどうすればいい?応急処置の方法について

寸法の計測から型紙づくり、仮縫いを経て徐々に完成に近づけるオーダースーツ。万が一完成品にほつれが生じてしまったときはどうすれば良いのでしょうか? ここでは、オーダースーツにほつれが出た場合の応急処置について解説。トラブルへの対処法をチェックしましょう。

 

 

オーダースーツがほつれた際の応急処置

オーダースーツがほつれた際の応急処置は、原因に合わせて対策を行いましょう。 

 

ほつれの程度 応急処置の方法 応急処置後の対処方法
ほつれ部分が小さい 安全ピンで1ヶ所または数ヶ所を留める 補修布を貼る 接着剤でくっつける 早めにリフォーム店へスーツを持参し修理を依頼する(程度が小さくてもダメージが広がる可能性あり)
ほつれ部分が大きい ガムテープでほつれ部分を布地の裏から覆う 安全ピンで数ヶ所を留める ほつれ・破れ部位をざっくりと縫い合わせる 当日または数日以内にリフォーム店にスーツを持参し修理を依頼する(応急処置の内容も伝える)

 

股の下など、摩擦や衝撃で大きくほつれた箇所は自分で元通りにすることはできません。ガムテープできれいに覆ってしまうか、安全ピンで部分的に留めてからリフォーム店に依頼してください。 ダメージがごく小さければ、そこを安全ピンで留めるか補修布を貼って応急処置ができます。「かけはぎ」のように跡が目立たないほどの修繕は、プロのリフォーム店に依頼しましょう。

 

 

修理は早めに行うことがおすすめ

上記で紹介した応急処置はあくまで一例で、ほつれた部分を目立たせないための対策です。可能なかぎり早くにプロに修理を依頼しましょう。 プロのリフォーム店では、スーツの擦れや破れについて、以下のような修理を実施しています。 

 

修理方法 修理内容 料金の目安
ミシン刺し ほつれの裏側に布を当てて上下に糸を縫い込んでいく (1c㎡まで)800円前後
かけつぎ(かけはぎ) 穴のあいた部分などに糸を入れて目立たなく塞ぐ (1.5cm未満)2,000円程度

 

糸を入れて塞ぐ方法は、プロならではの技術です。ダメージが小さいうちに修理に出せば、元通りに目立たなくさせられる可能性があります。

 

急なアクシデントに備えておこう

スーツには耐久性の高い生地や素材が使われていますが、それでも衝撃や経年劣化によってほつれ・破れが生じることがあります。万が一のアクシデントに備えて接着剤や安全ピンを常備しておき、すぐに駆け込めるリフォーム店を見つけておくと安心です。