リクルートスーツはNG?就活や転職時に着用すべきスーツとは

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > リクルートスーツはNG?就活や転職時に着用すべきスーツとは

リクルートスーツはNG?就活や転職時に着用すべきスーツとは

就活と転職時に着用すべきスーツは画一的に考えるべきではありません。就活と転職は仕事を決めるための行動ではあるものの意味が異なります。就活ではリクルートスーツ、転職ではビジネススーツを着用すべき明確な理由があります。リクルートスーツとビジネススーツの違いを含めて自分が着用すべきスーツを模索していきましょう。

リクルートスーツとビジネススーツによる異なる印象

リクルートスーツとビジネススーツは似ているものの異なる点も少なくありません。無地のダークカラーが主流で誰が着用しても似合うデザインであるのがリクルートスーツです。期間限定で着用するスーツとして作られており、採用されている生地は耐久性に優れているとはいえません。また見た目が学生のように見えてしまうのも特徴です。

ビジネススーツは明るい色やストライプが入っているなどバリュエーションの富んでおり、大人っぽいデザインが多いのも特徴です。数年にわたって着用することを想定し、耐久性に優れています。リクルートスーツは学生が就活用に着用するもの、ビジネススーツは仕事のときに着用するものという位置づけです。ぱっと見ではあまり違いが見当たらなくともこのようにさまざまな点で異なります。

就活と転職で選ぶべきスーツについて

就活ではリクルートスーツを着用するのは問題ないものの、新卒採用時であるかどうかに注目すべきです。新卒採用時は清潔感やフレッシュさを求められて個性をアピールする必要がありません。20代後半以降となると清潔感やフレッシュさよりも社会人としての経験が重視され、見た目が学生のように見えてしまうリクルートスーツは適しているとはいえません。面接官に悪印象を与えないようにするにはビジネススーツを選択しましょう。

転職時は業界問わず着こなせるビジネススーツが望ましく、前職での経験や基本となるビジネスマナーを学んでいることをアピールするのに適しています。どちらにも共通しているのは黒をはじめとした地味な色のスーツを選択し、ワイシャツは清潔感を感じられる白のレギュラーカラーを選ぶことです。派手な柄やキャラクターもののネクタイを選択せず、靴は黒のストレートチップが適しています。ベルトは靴の色に合わせて明るい色を避けましょう。

働いている姿を想像できるスーツ姿を目指す

就活や転職時に着用スーツの基本はビジネススーツです。リクルートスーツを絶対に選択すべきというわけではないものの、見た目が学生のように見えて年相応のスーツ姿とはならないかもしれません。さらに働いている姿を想像できるスーツ姿を目指すのが面接時においての基本です。少しでも印象をよくして内定獲得率を上げるためには悪印象を与えかねない要素をなくしていきましょう。

年齢によって何を求められるかは変わっていくものです。自分の年齢から考えてリクルートスーツを選択すべきではないと判断したのならビジネススーツを着用しましょう。スーツを着用しているとしっかりしている印象を相手に与えるものの、身だしなみとして適切ではないと判断されることも考えないといけません。

まとめ

リクルートスーツとビジネススーツは似て非なるものです。新卒採用時や20代前半の就活には清潔感やフレッシュさを求められてリクルートスーツが適しているものの、20代後半以降の年齢になると頼りなく見えて常識がないと判断されかねません。自分の年齢やキャリアから考えてどちらが適しているのかを考えてみましょう。働いている姿を想像できるスーツ姿であるとともに、悪印象を与えかねない要素をなくすのが面接で着用すべきスーツの条件です。スーツ姿なら何でもよいと考えず、面接官にどう映るかを考えましょう。