ビジネススーツのサイズ感を押さえよう!着こなしのポイントも紹介

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ビジネススーツのサイズ感を押さえよう!着こなしのポイントも紹介

ビジネススーツのサイズ感を押さえよう!着こなしのポイントも紹介

ビジネスマンの仕事着であるスーツは、年齢を問わずに着用できる反面、自分に似合うものを選ばなければ見栄えを大きく左右することがあります。 ここでは、最初にチェックしておきたいビジネススーツのサイズについて詳しく解説します。

 

 

最初に必ずチェックしたいのはスーツのサイズ感

ビジネスマンらしいすっきりとした着こなしには、スーツのサイズ感に注目してください。

 

 

ジャケットサイズのポイント

ジャケットサイズは肩幅・胸とお腹まわり・腕まわりを中心にチェックしましょう。 それらのサイズがぴったりであっても、外から見てパツパツだったり緩すぎたりすると不自然な印象になるため、フィッティングでは外からの見栄えも忘れずに確認してください。 着丈はお尻が隠れすぎないものを選び、腕の長さが極端に長すぎ(短すぎ)ないようにしましょう。

 

 

パンツは履き心地を重視して

ビジネススーツのパンツは、ウエストではなく腰骨部分で履くようにします。ハイウエストや位置が下すぎるパンツは不格好になってしまうので、必ず試着して履き心地を確かめてから購入を。 体型によってはお尻や太ももがパツパツになる場合があるため、生地がつまめるほどのゆとりがあるものを選びましょう。 スーツ用のパンツは体のラインに合うものが基本ですが、体のラインが浮き出て見えるものはふさわしくありません。

 

 

スーツをかっこよく着こなす工夫

スーツをスタイリッシュに着こなすためには、以下のポイントに注意して選びましょう。 体型を隠しすぎないようにする 腕や足の長さ・太さに合わせる 細身のスーツは1サイズ上げる 着心地や耐久性をチェックする スーツは体型を覆い隠すものではないので、ジャケットやパンツが緩すぎる場合はサイズ調整を。 腕や足の丈が短すぎると寸足らずで中途半端な印象に、逆に長すぎるとルーズなイメージを与えてしまうので、こちらも最適な丈に整えるようにしましょう。 サイズ感を重視するあまりに着心地が悪くならないように注意しましょう。スーツを着用して軽く歩き、座ったときのお尻まわりの張りも忘れずにチェックを。

 

体型に合うスーツは見た目の印象を上げる

仕事着であるビジネススーツは、細部までサイズ感にこだわることで見た目や印象をランクアップさせることもできます。 フィッティングにはできるかぎり時間をかけ、スーツのデザインや耐久性もチェックしつつ自分にとってのジャストサイズを探してみてください。