グローバルスタイルのオーダースーツは粗悪品?麻布テーラーは?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > グローバルスタイルのオーダースーツは粗悪品?麻布テーラーは?

グローバルスタイルのオーダースーツは粗悪品?麻布テーラーは?

グローバルスタイルはオーダースーツ初心者からも高く評価される専門店として名高いものの、扱っているものは粗悪品ではないかという見方をする方もいるのが事実です。そして、麻布テーラーを選択した方がよいのではないかという見方もあります。重要となるのはグローバルスタイルと麻布テーラーの特徴を把握することです。そして、オーダースーツを作ることの意味を理解すれば、扱っているものが粗悪品ではないことが分かります。

グローバルスタイルのスーツは粗悪品ではない理由

グローバルスタイルではコンビ価格で48,000円というリーズナブルな価格でオーダースーツを作れるのがセールスポイントです。注意点となるのは選べるデザインがおよそ10着と限りがあることです。ビジネスマンに適したデザインも選択できるため、よほどこだわりがなければ頭を悩ませる問題にはなりません。そして、採用している生地素材がウールとポリエステルの混紡多いのも粗悪品といわれる理由です。

ウールは光沢感があって通気性も高く、着心地のよさがセールスポイントの生地素材です。しかし、生地が柔らかくてシワになりやすいというウィークポイントもあります。ポリエステルは耐久性に優れ、ウールよりも長持ちします。ウィークポイントは通気性が悪く、熱がこもることです。ポリエステルは生地素材として質が悪いという見方をする方もいるものの、メリットがあるのも事実です。

ビジネスマンの場合は丈夫で長期的に着用していける一着を求めるでしょう。ウールとポリエステルの混紡の場合、光沢感や着心地のよさが損なわれるものの、コストパフォーマンスに優れた一着となります。グローバルスタイルの作れるオーダースーツは粗悪品ではなく、ビジネスマン向けの生地素材を採用しているだけです。

麻布テーラーはオーダースーツ初心者におすすめ

麻布テーラーのオーダースーツは1着37,000円とグローバルスタイルのコンビ価格と比べると高額であるものの、生地素材が最低ランクからウール100%であるのが特徴です。着心地のよさを大切にする方にとって麻布テーラーは選択する価値が高いです。比較すると選べる生地の数は少ないものの、光沢感や肌触りのよいスーツを仕立てたい場合に適しています。

そして、ディテールも細かく注文できて予算内でTPOを加味した最適な提案をしてくれます。麻布テーラーはオーダースーツ初心者におすすめといえます。

両方の比較検討が必要

グローバルスタイルと麻布テーラーは同じくパターンオーダーでの注文方法であり、理想とする一着を作るためのカスタマイズにおいても万全です。しかし、価格や採用される生地、オーダースーツ初心者向きであるかといった異なる点もいくつかあります。

いちがいにグローバルスタイルと麻布テーラーのどちらがよいかは断言できません。もちろん、どちらも粗悪品を取り扱っているわけでもありません。比較検討をしたうえでニーズにマッチしている方を選択すれば問題ないです。そして、理想とする一着を作るためには生地の選択や有料オプションを加えないといけない可能性も頭に入れておいた方がよいでしょう。どちらもコーディネーターに相談すれば、どれぐらいの予算となるかを教えてくれます。

まとめ

グローバルスタイルで取り扱うスーツは粗悪品ではないことが分かったはずです。ビジネスマンが長期的にストレスなく着用していけることを重視しての生地素材を採用しています。麻布テーラーは生地素材が最低ランクからウール100%であり、肌触りのよいスーツを求める場合に適しています。同じパターンオーダーでの注文方法となるオーダースーツ専門店であっても、異なる特徴があるのが事実です。比較検討した上で選択をしましょう。