七五三での両親のスーツスタイルのポイントを解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 七五三での両親のスーツスタイルのポイントを解説

七五三での両親のスーツスタイルのポイントを解説

子どもの七五三には両親ともにスーツなどのフォーマルな格好で参加するのが一般的です。 ここでは仕事で着用しているスーツが着用可能なのか、写真撮影にも適したスーツの選び方や母親のスーツスタイルについて紹介していきます。

 

 

七五三での父親のスーツ選び

七五三で父親がスーツを選ぶ際のポイントは、以下の5点です。

 

1. セミフォーマルに準じたスーツを用意する
2. 色は黒・グレー・濃紺(ネイビー)のいずれか
3. シャツは白、レギュラーカラーまたはワイドカラー
4. ネクタイは光沢感またはやや色の入ったもの
5. 華やかさをプラスするならスリーピースが最適

 

「セミフォーマル」と呼ばれる服装は、通常のスーツ姿をワンランク上げたイベント用のスーツ姿のこと。中にベストを着るスリーピースはその代表例です。

普段着としてのスーツはシワや経年劣化が目立つことがあり、生地に光沢感が少なく式典向きではない場合があるため、できればイベント用のセミフォーマルスーツを1着用意しておくと安心。

セミフォーマルを購入する際には、中に着るレギュラーカラーまたはワイドカラーの白いシャツ、光沢感のあるネクタイ(シルバーやシャンパンゴールドなど)も合わせて揃えましょう。

 

 

母親もスーツスタイルはOK?

七五三では、お子さんを引き立てる装いが基本。母親もスーツやパンツスタイルでシックにコーディネートできます。ポイントは以下の3点です。

 

1. スーツスタイルはパンツ・スカートどちらでもOK
2. 子どもより派手にならない色味でコーディネートする
3. 髪型・小物・アクセサリーもイベント用の物を使う

 

式典用スーツの上下やジャケット付きのセットのほか、上下で別のアイテムを組み合わせてもOK。

ただしお子さんより派手にならないよう、グレーやベージュなどの控えめな色味に統一してください。

ブラックのセットアップに淡色のカーディガンを重ねたり、グレーやベージュ、ネイビー、ライトブルーやライトグレーの色も身につけたりすることができます。

セレモニーコーデのため、バッグやアクセサリーは相応のものを用意しましょう。靴も、スニーカーなど普段用の靴を履かないように華やかに着飾ってください。

上下をファストファッションでコーディネートする方法もありますが、安っぽい印象に仕上がらないように注意。アウターやトップス以外にプチプラ服を取り入れることをおすすめします。

式典にふさわしい装いに統一する

式典向きの両親のスーツコーデは、生地に光沢感や高級感のあるダークカラーのスーツをチョイスしましょう。

女性はアクセサリーや靴・バッグにも注意し、男性はよれやシワが目立つ仕事着をそのまま着用しないように注意をしてください。