オーダースーツは、自分スタイルを表現するための最適な服装です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 究極のオリジナリティなオーダースーツを作る

究極の自分スタイルを目指すオーダースーツとは

究極のオーダースーツは、既製品やイージーオーダースーツにオリジナリティを追求できるスーツです。オリジナリティあるスーツとは、まず自分に合う色や柄やデザインのオーダースーツであること、自分にフィットしたサイズのオーダースーツであること、他の人とは異なる自分らしさが表現されているオーダースーツであることです。

オリジナリティ溢れるオーダースーツはトータルバランスが鍵

最近は、夏向けの服装であるクールビズが浸透してきて、従来の画一化されたスーツスタイルから個々人それぞれの感性に合った服装を着用するようになってきています。クールビズでは、ノーネクタイが基本のために、どうしても首回りが締まらないことが多くありますので、ワイシャツの前立ての開きがきれいである、首回りに窮屈感がないようにするなど、着ている本人のオリジナリティが問われます。
ビジネスシーンで自分に合っていないスーツを着ているとだらしなく見えてしまいます。
そんなことがないように、きちんと自分のオーダースーツを着こなすことが大切です。

アンダーウェアを見せない工夫

湿気の多い夏にアンダーウェアなしに直接シャツを着ると汗がにじんで印象が悪いのですが、シャツの下に着るアンダーウェアが見えてしまうというのはNGです。アンダーウェアを目立たなく見せるのも気を付ける必要があります。
また、せっかくのオーダースーツがアンダーウェアの色が透けてしまうことであまり良い印象を与えられないことがあります。ベーシックだと無地の白ですが、近年ではベージュやライトグレーなどワイシャツに透けない色が流行っています。

シチュェーションに合わせたネクタイの選び方

ビジネスのシチュェーションに合わせてネクタイ選びが重要となってきます。思いが自分スタイルとして現れてくるものの一つにネクタイがあります。商談などの気合を入れる必要のある場合には黒色のストライプ柄に赤色のネクタイ、謝りを入れる場合にはグレーのスーツに青色のネクタイ、交流会には紺色のスーツにチェック柄のネクタイ、などの選び方があります。季節によってつけるべきネクタイも変わってくるので、最新のトレンドをチェックしておきましょう

さりげないおしゃれポイントのネクタイピン

ネクタイピンを止めることはビジネスマナーで基本です。
ネクタイピンの使い方・選び方がコーディネートのオリジナリティをアピールするうえで重要になってきます。

・ピンのつける位置
ジャケットありの場合は第一ボタンの少し上で見せるのがおしゃれです。シャツだけの場合では第4・第5ボタンの中間とされています。

・シーンによって使い分ける
ビジネスの場ではシンプルでスタイリッシュなもの、結婚式ではジュエリーなどの装飾などがあるものでもおしゃれに見えて良いです。しかし、結婚式やパーティーなどの宴の場では第三ボタンのすぐ下につけることがおしゃれとされているので注意しましょう。

シルエットが大切な足元

オーダースーツにはシルエットがきれいな靴が似合います。靴の選び方を見ていきましょう。
靴にも大きく分けて3種類に分類することができます。

・イギリス式
紳士靴としては最も歴史が長く、伝統があります。革靴の原点ともいえる普遍的でありシンプルなデザインとなっています。

・イタリア式
つま先が細くシャープでスタイリッシュな印象を与えます。デザインの幅が広く、オーダースーツなどのこだわりのある人に多く選ばれています。

・アメリカ式
利便性や機能性に優れた靴が多いです。丸みを帯びたデザインが多く、日本人の足に合った形が多いので、履き心地重視の方に人気です。

以上のように同じ革靴にも大きな違いが見られるので、自分でスーツに合った革靴選びをしてオリジナリティあるコーディネートをしましょう。

オーダースーツで自分なりのオリジナリティを確立しよう

オーダースーツは、オリジナリティにカスタマイズできるものとして、最適な服装です。基本的には、自身の体型にフィットしたものに仕上げるのですが、他人からこのように見えるようにしたい、自分のこだわりの色や柄にしたい、シーンによってシャツ・ネクタイ・靴・アクセサリーなどと組み合わせてみたい、といった自信を表現するための様々な組み合わせができ、オーダースーツを着る楽しみが湧き出てくるのではないでしょうか。