結婚式でスーツ姿をオシャレにするラペルピンの付け方とマナー

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 結婚式でスーツ姿をオシャレにするラペルピンの付け方とマナー

結婚式でスーツ姿をオシャレにするラペルピンの付け方とマナー

結婚式に男性ゲストとして招かれた場合の服装は礼服やスーツ姿が基本です。そして華やかなシーンにピッタリのアクセサリーとなるのがラペルピンです。普段は付けることがないからこそ付け方が分からない方もいるでしょう。さらにマナーに適している種類も選択しないといけません。新郎新婦が主役の結婚式で恥をかかないように失敗しない付け方やマナーについて学んでいきましょう。

種類別ラペルピンの付け方とは

ラペルピンにはスティックタイプ、チェーンタイプ、ピンズ・ブローチタイプと3つの種類があります。それぞれの種類によって異なる付け方を覚えていきましょう。スティックタイプは飾り部分に長い針が付いているのが特徴で、フラワーホールから針を通したうえで針先を生地の表に出して留めましょう。角度を変えると印象が異なるオシャレを楽しむこともできます。

チェーンタイプはチェーンが付いていることで華やかな印象になりやすく、角度によって表情が変わるのもコーディネートするときの楽しみになるでしょう。付け方はフラワーホールにピンを通して受けに収めれば問題ありません。ピンズ・ブローチタイプは針が短くてフラワーホールに挿して留めるのが付け方です。生地を傷めることなく留めることができます。

結婚式で適したラペルピンの選び方とは

結婚式のスーツスタイルで個性を出すアイテムとなるのがラペルピンです。しかしあくまでも結婚式の主役は新郎新婦で、目立ちすぎるデザインのものは避けた方がよいでしょう。フォーマルなデザインのものを選択すれば問題ありません。スタイリングの統一感を考えるのならカフスボタンやネクタイピンといったアクセサリーも同じ石のものを選んだり色を合わせたりしましょう。

結婚式ではシンプルなモチーフでシックにコーディネートするのが基本です。個性的なラペルピンも数多く存在するものの、あくまでもスーツスタイルに合わせるようにしましょう。装飾品のラペルピンはスーツスタイルの主役ではなく、プラスアルファのアクセサリーとなります。差別化を図りたい気持ちをグッとこらえて結婚式の場に相応しいものを選択しましょう。

ラペルピンは絶対に必要なわけではない

結婚式でスーツ姿をオシャレにするラペルピンは絶対に必要なわけではありません。タイピンやチーフといったアクセサリーは上品に取り入れてスーツスタイルをオシャレに演出するのが基本です。自己主張が強いものやデザインや装飾が派手なものを選択すると周囲から浮いてしまうかもしれません。特に自分よりも上の立場の方の結婚式に出席する場合は注意が必要です。

結婚式ではフォーマルなものを選択し、その後の二次会では比較的自由にコーディネートができるため、自分の拘りを大切にしての選択をしましょう。花やリボンとお祝いに適したモチーフのものも少なくありません。コーディネートするときはスーツスタイルに合わせることを心がけ、周囲との調和を図りながら自分の好みに合わせていきましょう。

ありきたりなスーツスタイルにラペルピンがひとつのアクセントになり、いつもとは違う気分にも浸れるでしょう。新郎新婦を祝う結婚式の場で適しているアクセサリーではあるものの、マイナスに作用するデザインや装飾のものなら付けないのが無難です。

まとめ

結婚式のスーツ姿をオシャレにするアクセサリーのラペルピンは種類によって異なる特徴があります。付け方と特徴を把握したうえでの選択をしましょう。そしてあくまでも主役である新郎新婦よりも目立たないようにすることも心がけるべきです。シンプルなデザインでちょっとしたアクセントになるようにしましょう。周囲から浮いてしまうデザインや装飾のものならマイナスに作用してしまいます。場の雰囲気とスーツスタイルに合わせたうえでの選択をしないといけません。