オーダースーツで満足な仕上がりとするために参考にすべき失敗例

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツで満足な仕上がりとするために参考にすべき失敗例

オーダースーツで満足な仕上がりとするために参考にすべき失敗例

オーダースーツで満足な仕上がりとするには多く方が失敗してきた失敗例を参考にするのがおすすめです。望むべく選択をしたはずなのに後に後悔する選択となってしまうのは明確な理由があります。オーダースーツを作るのは高価な買い物です。行き当たりばったりの対応では満足な仕上がりとするのは難しいです。何を意識していくべきかについて学んでいきましょう。

スーツをオーダーする目的を決める

オーダースーツを満足な一着とするにはまず目的を定める必要があります。ビジネスマンの場合はビジネス活動のためにオーダースーツを作ることになるでしょう。仕事のときに毎日着用するスーツであるからこそ、耐久性を高めることを意識しましょう。どの生地を選択するかによって耐久性は変わっていきます。さらに買い替えも想定して価格を抑えることも大切です。

いくらジャストサイズのスーツに仕上げてシワやたるみができにくいとしても、仕事のときに毎日着用するスーツの消耗度は高いです。一方で冠婚葬祭用のオーダースーツの場合は消耗度が高くはなく、スーツのグレードを上げるのがよいでしょう。ビジネスマンが自分の価値を高めるためにスーツを作る場合は高級生地を採用してのフルオーダーが望ましいです。既製スーツと差別化を図る目的に沿っています。

多くの方が失敗する失敗例について

オーダースーツで満足な仕上がりにできない理由は生地選びにあります。好きな生地を選択できるものの、背伸びして派手な生地を選んだり高級生地を選んだりするのはおすすめできません。幅広い場面で着用できるのが望ましく、特定の場面でしか着用できないのは後に後悔する理由になります。

サイズにおいても店舗ごとのサイズ感の違いによってジャストサイズとならないこともあります。何度もスーツをオーダーしていける専門店を見つけ、できるだけ一店舗を長期的に利用するのが望ましいです。仕上がり時の細かなミスやディテールの不具合も想定しておきましょう。何か問題がある場合は迅速に指摘していくのが望ましいです。

大胆な対応よりも慎重な対応が求められ、本当に間違った選択をしていないかを確認したうえでスーツをオーダーしていきましょう。

テーラーとの意思疎通が肝心

テーラーは望むべくスーツをオーダーするためのパートナーです。特に初めてスーツをオーダーする方はテーラーのいる専門店を選択した方がよいでしょう。テーラーは生地の種類やトレンドなどを考慮して望むべくスーツをオーダーするために適切な提案をしてくれるものの、お客様からの情報量が少ないとニーズを把握できません。

着用シーンや好みの生地や色、機能性への拘りと多くの情報をテーラーに提供できる準備をした方がよいでしょう。テーラーとの意思疎通が上手くいけば季節のスーツでは実現しない満足な仕上がりとなっていきます。よほどスーツに精通している方でないと自分で何もかも決めて満足な仕上がりとすることはできません。

スーツのオーダーは数多くの項目で選択肢があるからこそ、ひとつひとつ紐解いて望むべく選択をするためにはテーラーとの意思疎通が上手くいかないのは致命的です。

まとめ

オーダースーツを満足な仕上がりとするのは簡単そうで難しいものです。テーラーとの意思疎通が上手くいくように着用シーンを伝えるようにしましょう。さらにサイズや生地選びにおいては妥協点も設けておいた方がよいでしょう。仕上がり時には本当に問題がないかをしっかり確認し、必要なら迅速に指摘すべきです。既製スーツよりも選択の幅が広がる分、迷いも生まれるものです。仕上がりを想定したうえでスーツをオーダーすることで失敗することは少なくなります。