入社式のスーツで押さえたいマナーや着こなしポイントを解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 入社式のスーツで押さえたいマナーや着こなしポイントを解説

入社式のスーツで押さえたいマナーや着こなしポイントを解説

入社時に着用するスーツは、一般的に「新卒はリクルートスーツ・新卒以外はシンプルなスーツ」というイメージがあります。 ここでは、入社式のスーツについて押さえておきたいマナーと着こなしのポイント、新社会人にもおすすめのオーダースーツについて紹介します。

 

 

入社式のスーツで押さえたいマナーや着こなしポイント

入社式のスーツで押さえておきたいマナーや着こなしのポイントを確認しましょう。

 

無地+ダーク系の色味が基本

入社式のスーツはシンプルが基本。社長や役員が揃い、緊張感の漂うイベントのため派手な服装は避けたほうが良いでしょう。 リクルートスーツは黒色のものが定番ですが、必ずしも入社式のスーツが黒である必要はなく、ダークグレーに白いシャツを組み合わせるコーディネートも可能です。 リクルートスーツ以外のビジネス用スーツやオーダースーツも、ダーク系のグレーやネイビーが用いられます。 ストライプ柄を選ぶ場合は、ラインが細い「シャドーストライプ」柄を選ぶのが無難です。

 

スーツに合わせるネクタイは爽やかに

無地のスーツに合わせるネクタイは、同じく無地またはレジメンタルストライプ(斜めになったストライプ)が定番です。 スーツとまったく同じ色味ではなく、濃紺・ブルー・水色・グレー・えんじ色などがチョイスできます。スーツの色と白シャツの組み合わせから浮きすぎないカラーを選びましょう。

 

スーツスタイルはフィット感を重視する

入社式では若々しさや意欲的な様子を示すために、体型にほど良くフィットしたサイズ感のスーツがおすすめです。 体に合わないスーツはきつそうに見えたり、反対にだらしなく見えてしまったりと印象を大きく左右するため、事前に必ず試着を。 スーツを着た状態で歩き、椅子にも座ってサイズ感をチェックしましょう。

 

派手さを抑えるのが入社式のマナー

靴下・靴はそれぞれダークブラウンなどの暗めのカラーをチョイスし、ブランドもののネクタイピンや時計は派手さを演出するため着用を避けてください。 シャツの下に着るインナーも、派手な色柄のTシャツは透ける可能性があるので白をチョイスするのがベターです。

 

 

新社会人にもオーダースーツはおすすめ

体型に合わせてつくる「オーダースーツ」は、リクルートスーツのように画一的になりすぎず、着心地の良い1着ができあがります。 リクルートスーツは基本的に就職活動のために着用されるものですから、入社後も長く身につけられるオーダースーツのほうが長期的に愛用できます。

入社式後も使えるスーツがおすすめ

入社式は誰もが緊張感に包まれるイベントですから、事前の準備が欠かせません。

シンプルなリクルートスーツならもっとも無難にまとまりますが、入社後も長く着用できるオーダースーツなら体型や雰囲気に合った1着が手に入ります。