オーダースーツを着る芸能人は視線を顔に向ける工夫を実践しています。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 芸能人が実践するオーダースーツでの着こなしをチェック

オーダースーツを着た芸能人について

芸能人とはどのような職業の人を指すのでしょうか。 タレントと呼ばれている人、俳優、ミュージシャン、漫才師、落語家、アイドル、ファッションモデル、フリーのアナウンサー、司会者などが芸能人と呼ばれているようです。芸能人の方は、着物やドレスが仕事着として着ている場合もありますが、人前に出る場合には印象を大切にするためにオーダースーツ姿の場合も多くあります。 オーダースーツを格好良く着こなす芸能人は、相手の視線を顔に持ってきてもらうように意識しています。なぜなら、足元に視線を落とすと、足の短さや胴の長さなどの、日本人が劣等感を持つ場所を向かせることになるからです。また、上品さ・清潔さも意識しているので、ぜひ芸能人の着こなしを参考に、あなたも真似してみてください。

スーツの柄はストライプがベスト

芸能人で、ストライプ柄のオーダースーツを着ている方は多くいます。なぜなら、着るだけで様になるからです。
ストライプ柄は、シャープな印象を与え、シルエット全体が縦に長く見え、スタイルが良く見えます。オーダースーツを作る際は、ストライプ柄を選んだほうがいいでしょう。

スーツのシルエットはゆったりしすぎない

スーツを格好良く着こなすポイントは「シルエット」です。身体のラインがぴったりでるスーツや、逆に大きくてぶかぶかだと清潔感が損なわれてしまいます。
芸能人は、逆三角形のシルエットを意識して着こなしている方が多く、同じように意識すると、大人のスタイリングに近づくことができるでしょう。

スラックスの丈はやや短めに

スラックスを長めにすると、足元が重く感じるので、オーダースーツのスラックス丈は、ワンクッションまたはハーフクッションがおすすめです。
先ほども言ったように、逆三角形のシルエットに近づくためにも一役買ってくれるでしょう。

ウェストラインのシェイプ位置は高め

ウェストラインは絞り気味にして、絞り位置が高いとシルエットが細長くなり、足長効果が期待できます。また、ウェストラインを高くすることによって、ベストを着た際にシャツやベルトが見えることがなくなります。
芸能人は、ベストとスラックスの間からベルトやシャツが見えている“ダサい”ことはしていないですよね。高くすることでその心配がなくなるので、オーダースーツを作る際はぜひシェイプ位置を高めにしたほうがいいでしょう。

芸能人が着るオーダースーツについて

芸能人が着るオーダースーツは、格好良く着こなすポイントとして、視線を上に上げる工夫をしています。そのために、スラックス丈をやや短め、ジャケットは、ストライプ柄でウェストラインを高めにし、視線を顔の方に行くように誘導した着こなしをしています。
また、格好良く見えるポイントを抑えた上で、自分の体型に合うオーダースーツを作り、スタイリッシュさも演出しています。
ぜひ芸能人の着こなしを参考に、オーダースーツを作ってみてください。