オーダースーツは大きく分けて3種類!仕上がりや特徴にも違いがある

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツは大きく分けて3種類!仕上がりや特徴にも違いがある

オーダースーツは大きく分けて3種類!仕上がりや特徴にも違いがある

スーツのオーダーには、パターン・イージー・フルの3種類があります。それぞれスーツを仕立てるプロセスと期間が異なり、それに合わせて価格も異なります。 ここでは、それぞれのオーダーごとの特徴と納期、仕上がりの違いについて解説します。

 

 

オーダーの方法別納期の違い

スーツの仕立てにはあらかじめ用意された型紙からつくる「パターンオーダー」と「イージーオーダー」、ゼロからサイズを測定して専用の型紙を作って仕立てる「フルオーダー」の3種類があります。 いずれも納期に差が出るため、スピーディな納品を希望する場合は既製品に近いパターンオーダーを利用しましょう。 正確なサイズとフィット感を追求する場合はフルオーダーが適していますが、期間にゆとりをもったうえで注文を行ってください。

 

 

パターンオーダー

パターンオーダーは、あらかじめ決められた型紙を使って作る方法です。細かなサイズ調整には向いていないため、細部までこだわる場合はイージーオーダーやフルオーダーを利用することになります。 パターンが決まっているためフルオーダーほど細かな指定はできませんが、他のオーダー方法と比べて納期までの日数が短く、2週間以上~5週間程度で納品されます。

 

 

イージーオーダー

イージーオーダーも型紙を使用しますが、横幅の寸法調整ができる点でパターンオーダーよりも柔軟にサイズ指定ができます。 「フルオーダーほどお金はかけられないけれど幅だけ広げたい」といったケースに最適なオーダー方法といえるでしょう。納期はパターンオーダーよりもやや長く、4週間から6週間程度となります。

 

 

フルオーダー

フルオーダーはゼロから依頼者に合わせて作る完全なオーダーメイドで、仮縫いを何回か繰り返してサイズ感をチェックしながら仕立てていきます。 完璧な仕上がりに近く、既製品のようにサイズやデザイン、生地が指定できないといったストレスがないため、こだわりの1着を求めたい場合に最適です。 納期はもっとも長く、2ヶ月から3ヶ月以上を指定されることが多いため、ゆとりをもって採寸・注文を行いましょう。

 

オーダー別の特徴を押さえよう

スーツの仕立ては、どれほどスピーディに行ったとしても2週間以上はかかるため、納品までに適度な期間をあけて早めに採寸・注文を行いましょう。オーダーごとの料金や期間の目安は店舗ごとに異なる場合もあるため、店舗ごとの情報も忘れずに確認してください。