ケース別スーツジャケットの正しいたたみ方を徹底解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ケース別スーツジャケットの正しいたたみ方を徹底解説

ケース別スーツジャケットの正しいたたみ方を徹底解説

質の高いスーツジャケットであっても着用すれば多少なりとも汚れやホコリついてシワができてしまうものです。いつ誰に見られても問題ない綺麗な状態をキープするには正しいたたみ方をマスターする必要があります。日々のお手入れと収納の方法によって状態は変わっていきます。さらに自宅や外出先、持ち運びとそれぞれのケースに応じての適切な対応が必要です。

基本となるスーツジャケットの正しいたたみ方

スーツジャケットをたたむときはまずシワになりにくくすることを意識しましょう。裾のたるみを伸ばし、さらに端と端を揃えた状態でたたむのがコツとなります。何も意識せずに何となくたたんでいるのが実は寿命を短くしてしまう理由になっているかもしれません。

具体的なたたみ方としてはまずスーツジャケットを広げて右全身頃を上にして左全身頃を重ねるようにしましょう。次に衿裏に縦長のタオルを挟んで袖を自然なカーブを描くように前身頃に重ねます。最後に下部を持ち上げて二つ折りにしましょう。襟を真っすぐに揃えるとシワになりにくく、綺麗な状態をキープしやすいです。

そしてすでにシワができてしまったのならできるだけ早めにとることを意識しましょう。しわ取りスプレーを使って風通しのよい場所に陰干しする方法もあれば、スチームアイロンでシワを取って蒸気を吹きかけて陰干しする方法もあります。

スーツケースに入れる場合のたたみ方

ビジネスマンであれば出張などにより外出先でスーツをたたむ場合もあればスーツケースに入れる場合もあるでしょう。常に自宅でスーツジャケットをたためるというわけではなく、状況に適したたたみ方も覚えていく必要があります。

スーツケースに収納する場合はまずスーツジャケットのボタンをとめて裏返しにして、肩幅の真ん中を目安に折りましょう。次に袖の付け根部分を折った折り目と平行となることを意識して折りましょう。そしてシワにならないように折ったパンツの上に乗せて、裾から持ち上げてパンツを包むように二つ折りにしてひっくり返して完了です。

スーツケースに入れる場合は型崩れを防ぐためにクッションを入れるのが望ましく、ワイシャツやほかの洋服をクッションとすればコンパクトに収納が可能です。出張先のホテルでのジャケットスーツの取り扱いとしてはすぐにハンガーにかけるのが肝心です。ひとつのハンガーにジャケットとパンツをかけるのではなく、それぞれで別のハンガーを使うようにしましょう。

スーツ専用のバッグを使うべき理由

ビジネスマンはスーツを持ち運ぶことも多く、シワにならないようにするのはマナーです。スーツを持ち運ぶ場合はスーツ専用のバッグを使うべきです。ハンガーにかけて収納できるものならシワの防止に優れ、収納力が高いものや好みの素材と幅広い選び方ができます。さらに、折りたたみハンガーを使うとスーツを1/4にたたんでの収納も可能です。

シワになることなくさらにコンパクトに収納して持ち運べるのが魅力的です。ビジネスマンならスーツ専用のバッグをひとつは持っておいた方がよいでしょう。いくら正しいたたみ方をマスターしていたとしても、最も重要となるのは汚れやホコリがつかずシワにならないようにすることです。

まとめ

スーツジャケットの正しいたたみ方を理解できたでしょうか。ビジネスマンなら毎日着用するからこそ、日々のお手入れがより重要となっていきます。さらにシワができてしまった場合には適切な対応をし、スーツケースに入れる場合も適したたたみ方があることを覚えておきましょう。いついかなるときでもビシッとスーツを着こなすビジネスマンであるためには戦闘服であるスーツのお手入れは欠かせません。誰が見てもスーツを着こなすビジネスマンとなるためにスーツジャケットの取り扱いを間違えないようにしましょう。