オーダースーツの生地の見分け方は?3つのポイントに要注目

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツの生地の見分け方は?3つのポイントに要注目

オーダースーツの生地の見分け方は?3つのポイントに要注目

オーダースーツを作る際の最重要事項となるのがどの生地を採用するかです。
産地や素材の違いがあるとともに、価格もピンキリと大きな悩みどころになるでしょう。
大切なのは生地ごとの違いと見分け方を知ることです。
オーダースーツは長期にわたって着用することになるからこそ、今日からでも活かせる見分け方の基本について覚えていきましょう。

生地の良し悪しを見分け方は3つのポイントを参考

オーダースーツで採用する生地の良し悪しの見分け方は3つのポイントがあります。
まずは見た目に自然な光沢があるかに注目しましょう。細い糸と色の原料のよさで特有のツヤが出ます。
上品さを感じられる光沢を発するスーツを着用することでビジネスマンとしての価値も高まるものです。
実際に触って見分ける方法もあります。柔らかさや全体の雰囲気を確かめることで自分が着用したときのイメージをしやすくなるでしょう。
触ったときに柔らかな触り心地とハリとコシのあるものかが重要となります。

そしてSUPER表示の見分け方も頭に入れておくべきです。
数字が大きいほど細い糸を使用しており、高級なものとなります。
使用する糸の本数も多くなるほどハリが生まれる理由になります。
細い糸で使用する本数が多ければ満足のできる生地になるでしょう。

産地による比較検討をすべき

オーダースーツの生地は日本、イギリス、イタリアが産地となります。日本の場合は丈夫で長持ちしやすく、毎日スーツを着用するビジネスマンにとって嬉しい要素です。イギリスは双糸を使用することでハリやコシが生まれ、丈夫であるのもセールスポイントです。
イタリアは横糸として1本の糸が使われ、柔らかさと発色のよさが光ります。
しかし、強度は日本やイギリスには劣る傾向にあります。産地によって異なる特徴があるのが分かるはずです。
どの産地でも同じと考えるのではなく、オーダースーツを着用する際に求める要素と合致するかに注目しましょう。

また、朱子織、平織、綾織といった織り方による違いも頭に入れておきましょう。
朱子織は滑らかな光沢が出て、平織は夏物のスーツで重要な通気性のよさが光ります。
綾織は柔らかな感触を楽しめて伸縮性のよさで着心地のよさも実感しやすいです。
産地と同じく何を重視して選ぶかが大切になります。

上質な生地を取り入れる意味

ビジネスマンはオーダースーツの生地の見分け方のポイントを熟知し、取り入れるのがおすすめです。
数値に表れる点を考慮するのはもちろん、見て触ったときによいと思うものを選択するのもひとつの方法です。
見た目の印象によって自分の価値が決まるといっても過言ではないビジネスマンにとってスーツは戦闘服といえます。

身だしなみに気を遣っていると印象付けられることで周囲との差別化を図ることができます。
質が高くなるほどコストはかかるものの、長期的に着用するオーダースーツはまず納得できるものを作ることを考えるべきです。
生地の見分け方のポイントを熟知していれば、理想とする触り心地やシルエットを実現できるでしょう。
身体にフィットするオーダースーツを着用してストレスが溜まることもなく、仕事中に快適な時間を過ごせる理由になります。

まとめ

オーダースーツの生地の見分け方はそれほど難しくはありません。
まず見た目、触り心地、SUPER表示に注目しましょう。産地や織り方による違いの影響も大きく、選ぶ際に考慮した方がよいでしょう。
長期にわたって着用することを前提とし、できるだけ妥協せずに作るのがおすすめです。
信頼されるビジネスマンは見た目に拘るものです。周囲との差別化を図れるだけのスーツ姿によって自分の価値はより高まっていきます。ビジネスマンはスーツなら何でもよいとは考えず、納得できる一着を追い求めていくのがおすすめです。