オーダースーツ初心者必見!失敗の原因と拘るべきポイント

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツ初心者必見!失敗の原因と拘るべきポイント

オーダースーツ初心者必見!失敗の原因と拘るべきポイント

今まで既製スーツを着用していたオーダースーツ初心者が最高の一着を手に入れるために作る前になぜ失敗してしまうのか、そして満足するために拘るポイントを熟知しておく必要があります。また、もしも失敗してしまった場合の対処法も知っておくとよいでしょう。ぼんやりしたイメージだけでオーダーするのではなく、仕上がりのイメージを持ってオーダーしていきましょう。

オーダースーツ初心者にありがちな失敗する理由

オーダースーツ初心者は実際に作る前に多くの方がなぜ失敗してしまうかを確認しておきましょう。まず、サイズが合わないのは採寸するテーラー側の問題に該当します。信頼に値する専門店に足を運んでちゃんとサイズを測ってもらいましょう。また、サイズが合わなかった場合はお直しが依頼できるかも確認しておきましょう。シルエットがイメージと違うことで失敗する場合も少なくありません。作る前に実際に生地や型紙を確認しておけば失敗する理由にはなりません。仕上がりのイメージを持って生地や型紙を選択するようにしましょう。

ビジネスマンの場合はシワが目立ってしまうのが懸念事項となるため、ジャストサイズにして生地選びの際にも考慮した方がよいでしょう。そして、オプションを付けすぎることによる予算オーバーとなることも少なくありません。事前に予算を設けておけば思っている以上に高額となることはなくなります。色選びでは光の見え方による色の違いを確認し、画像だけで判断しないことも頭を入れておきましょう。生地のサンプルを手に取って色の見え方も確認しておいた方がよいでしょう。

オーバースーツを作る前に多くの方はなぜ失敗してしまうのかを理解すれば、満足のいく一着を作ることができます。事前に失敗してしまう理由を理解しているかどうかで満足度は大きく変わっていきます。

ビジネスマンはビジネス用のスーツをオーダーする

プライベート用のスーツをオーダーする場合は好きなデザインを選択しても問題ないものの、ビジネスマンがビジネス用にスーツをオーダーする場合は話が別です。ビジネスマンとして問題がないデザインを選択しましょう。どういったデザインを選択すべきか分からない場合はテーラーと相談しながら決めていくのがよいでしょう。スーツをオーダーする目的が明確でないと後に後悔する理由になります。

生地選びにおいても季節感に合わせるのが基本です。ポケットの形やボタンなどのオリジナルのスタイルを追求するにあたってもビジネスマンとしてのスーツスタイルとして問題がないかを考えるようにしましょう。特にビジネス用のスーツをオーダーするのが明確であるのなら目的に合わせる意識を持つべきです。

仮縫いによって失敗を避けられる

すでに何度もオーダースーツを作っているのならまだしも、初めてオーダースーツを作る場合は仮縫いをすることを意識しましょう。実際にスーツを作る前に要望や体型に合わせて作るスーツとなります。着用した方が肌触りやデザインやサイズなどを確認しやすいものです。

納得ができなければ変更をすることも可能です。既製スーツと比べると選択の幅が広いのが失敗してしまう理由になるものの、段階を踏んで対応していけば不安は解消していけます。

まとめ

オーダースーツ初心者が実際にスーツを作る前に何を意識すべきかを理解していれば、失敗することは少なくなります。大成功の選択を目指すのではなく、まず失敗しないことを目指すべきです。自分では判断できないことはテーラーに相談しながら進めていけば安心できるでしょう。既製スーツと比べると着心地が優れて長持ちもします。限られた範囲で自分の望むスタイルも追求できます。ビジネスマンこそスーツをオーダーして長期的に着用していける納得の一着を作るのがおすすめです。