革靴を持ち運ぶときに傷や型崩れが心配…誰でもできる対策一覧

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 革靴を持ち運ぶときに傷や型崩れが心配…誰でもできる対策一覧

革靴を持ち運ぶときに傷や型崩れが心配…誰でもできる対策一覧

出張や帰省などの長時間の移動のときに革靴を持ち運ぶことで傷が付くことも型崩れすることもあります。大切な革靴に傷が付かず型崩れもしないように持ち運ぶにはポイントがあります。便利アイテムも上手に活用していくのも大切です。傷や型崩れが目立つ状態だとだらしなく見られてしまうため、いかに未然に防ぐかが重要になります。

シューキーパーとシューバックを用意する

革靴を持ち運ぶときに傷や型崩れが心配であるのなら、シューキーパーとシューバックを用意しましょう。シューキーパーは湿気を取って型崩れを防止するのに役立つアイテムです。注意点は素材による違いを把握したうえで選択することです。木製は吸湿性が高いもののプラスチック製よりも重たいです。持ち運ぶために一時的に活用するのならプラスチック製の方がよいでしょう。折りたたんでしまうことができてかさばることもありません。

シューバックは革靴がほかの荷物との擦れを防止するアイテムです。傷が付いてしまうのにも役立ちます。革靴を購入したときの付属品で手元にない場合は市販のものを購入しましょう。シューキーパーとシューバックを用意しておけば急に長時間の移動をするときも心配無用です。収納の際には片足のつま先がもう片足のかかと側に向くようにして負担をかけないようにしましょう。重いものや傷を付ける可能性がある固いものとの接触を避けることも大切です。

出張が多いことが事前に分かっているビジネスマンにとっての必須アイテムといっても過言ではありません。外出先で傷や型崩れが目立つ状態だとだらしなく映ってしまいます。何度も買い替えないようにするためにも用意しておくべきアイテムです。

革靴のお手入れアイテムも用意

シューキーパーとシューバックを活用して傷や型崩れを防止したとしても100%トラブルが生じないというわけではありません。外出先でだらしなく映らないように馬毛ブラシ、乳化性クリーム、布のお手入れアイテムを用意しておきましょう。馬毛ブラシでゴミを払い落して乳化性クリームを塗って布で磨くだけでも見た目が変わります。

できるビジネスマンはスーツやシャツといった目立つアイテムだけではなく、足元を見られる意識が高いです。足元は油断してしまいがちな部分で革靴を持ち運ぶときは特に用心した方がよいでしょう。お手入れアイテムを用意しておけば応急処置はできます。

小さい靴べらがもしものときに役立つ

革靴を持ち運ぶときに合わせて小さな靴ベラも用意するのがおすすめです。外出先で靴ベラがなくて無理やり履いて傷めてしまうこともあります。今後も履き続ける大切な靴の寿命が短くなってしまう要素をなくすようにしましょう。また、ビジネスマンは足元を見られている意識を持っているかを相手は見ると認識した方がよいでしょう。

小さい靴ベラを持ち歩くことによって足元に対しての意識が高いと印象付けることができます。油断してしまいがちな部分であるからこそ、ほかのビジネスマンとの差別化を図るためにも万全の準備をするのが望ましいです。革靴をいかに傷が付かず型崩れせずに持ち運ぶことだけに注視せず、相手からどういった印象に映るかも考えていかないといけません。

まとめ

革靴を持ち運ぶときにはシューキーパーとシューバックを活用し、傷や型崩れの防止をしましょう。お手入れアイテムも外出先で見た目を整えるのに役立ちます。外出先で靴ベラが用意されていないことも想定して持ち歩くのがよいでしょう。ビジネスマンは足元を見られるのが当たり前という意識を持つのが望ましいです。スーツやシャツよりも目立たない部分ではあるものの、ビジネスマンが身だしなみを整えるうえで油断できない部分となります。