できるビジネスマンを演出するスーツの正しい着こなし方とは

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > できるビジネスマンを演出するスーツの正しい着こなし方とは

できるビジネスマンを演出するスーツの正しい着こなし方とは

ビジネスマンにとって正しいスーツの着こなしは仕事上においてのマナーです。知らず知らずのうちに間違った着こなし方をし、周囲に悪い印象を与えているかもしれません。正しいスーツの着こなし方は決して難しいものではありません。ちょっとしたコツを掴むだけでよりおしゃれに何も心配することなく着こなすことができます。

ジャストサイズを選択すべき意味

スーツを正しく着こなすための基本はジャストサイズを選択することです。自分の体型に合わせないと仕立てがよくても上質な生地であってもだらしない印象を与えかねません。一般的には大きめのサイズを選択する方が多いものの、だらしなく見えてしまうのが懸念事項です。逆にサイズが小さいと窮屈な印象となります。

まずは正しいサイズを測ってもらい、今着用しているものを見直すようにしましょう。また、ポケットにものをたくさん入れている場合も注意が必要です。シルエットが崩れてしまうため、最小限に留めるようにしましょう。特に、パンツの後ろのポケットには何も入れないようにするのはポイントです。

全体のバランスを整えるためのポイント

全体のバランスを整えて正しく着こなすためにはパーツごとに適した対応をすべきです。シャツの袖口はジャケットの袖から1~2cm覗くようにしましょう。ジャケットのサイズは自分の方のトップが合っているかをチェック、胴回りは手のひらが滑り込む程度の余裕を持たせましょう。着丈はお尻が隠れる程度に合わせ、後ろ姿もきれいに見えるように努めるべきです。へそ下にパンツのウエストがあたる位置にパンツを履くようにし、ウエストサイズは無駄なシワができないようにしましょう。パンツの丈は靴の甲にパンツの裾が当たる程度を意識しましょう。

ジャケットのボタンを全部留めるのはNGです。一番下のボタンは留めないことを覚えておきましょう。ベルトも締めすぎてしまうと無駄なシワができてしまいます。ベルトがなくとも腰にフィットするサイズを選択しましょう。今着用しているスーツに問題がある場合、お直しをしてみてください。身幅、身丈、袖丈といったお直しによって理想的なシルエットが手に入ります。お直しをするには料金がかかるものの、見た目がよくないスーツよりもビシッと決まっている一着の方が価値は高いです。

基本に忠実に着用する

できるビジネスマンはスーツを着用するときに特別なことを意識していません。すべてのアイテムを基本に忠実に着ることだけを意識しています。ビジネスマンの場合は保守的な着こなし方を大切にした方がよいでしょう。できるビジネスマンに見えるかどうかはきちんと感があるかが重要です。奇抜な組み合わせをするのではなく、シンプルな組み合わせで問題ありません。スーツの色はダークな色を選択し、ネクタイは無地か小紋柄のものを合わせるのがよいでしょう。靴下はシューズの色に合わせ、椅子に座ったときにスネが見えない長さにするのも重要です。

周囲にどういった印象を与えたいかによって正しい着こなし方は変わっていきます。しかし、ビジネスマンの場合、個性はあまり重要ではありません。基本に忠実で正しい着こなし方をしているかをチェックされるためです。見た目の印象が仕事上の信用まで問われるビジネスマンは、着たいものを着るという考えはプライベートだけに留めるのが望ましいです。周囲にどういった印象を与えたいかを考え、正しい着こなしを意識しましょう。スーツの正しい着こなし方ひとつで周囲からの評価は大きく変わります。

まとめ

ビジネスマンが着用するスーツの着こなしによって周囲にどういった印象を与えるかは変わっていきます。ジャストサイズを選択し、全体のバランスを整えることを意識しましょう。そして、奇抜な着こなしは捨てて基本に忠実に着用することが重要です。必要に応じてお直しをすることも考えていきましょう。だらしない着こなしとなってしまっているのなら、すぐにお直しをした方がよいでしょう。自分にとって価値の高い一着を持つことを考えるべきです。