秋らしいスーツの特徴とは?選び方と着こなしのポイントを解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 秋らしいスーツの特徴とは?選び方と着こなしのポイントを解説

秋らしいスーツの特徴とは?選び方と着こなしのポイントを解説

ビジネスマンは季節ごとにスーツを変えるのが望ましく、周囲に身だしなみに気を配れていることをアピールすることに繋がります。
秋らしいスーツの選び方の注目点としては生地とデザインです。
さらに、着こなしについてもちょっとした工夫が必要となります。
秋らしいスーツを取り入れるにあたってのポイントを事前に把握しておけば、手軽に印象を変えておしゃれ度がアップします。

温かみの感じられる生地とは

秋らしいスーツの特徴としては温かみの感じられる生地を採用していることです。大人っぽさを演出するのならツイードを選択しましょう。防寒性も優れる暖かな味わいを感じられる生地です。
フランネルも手織り感覚のある印象的な生地で毛が絡まってふんわりしているのが一目で分かるでしょう。

柔らかな肌触りで毛羽立ちを出しているサクソニー、太い紡毛糸を使用して素朴な風合いを感じられるホームスパンも秋らしいスーツに適した生地です。
秋らしいスーツ用の生地の選び方はこれらの4つから選択するのが基本となります。

秋らしさを感じられるデザインとは

秋らしいスーツのデザインの代表となるのがチェック、ストライプ、千鳥格子です。生地によって印象が大きく異なってさまざまな選び方を楽しめるのがチェックの特徴です。
ストライプはスタイリッシュな印象を与えることができます。クラシカルな印象を与えたい場合は千鳥格子を選択しましょう。

一風変わったデザインにしたい場合は細かく丸模様が描かれているバーズアイがよいでしょう。
ヘンリーボーンも同様に魚の骨をイメージさせる特徴的なデザインです。ブラウン、ベージュ、ネイビーといった暖色系の色と合わせることで秋らしさを感じられるデザインがさらに引き立ちます。秋らしいスーツのデザインは幅広く、好みや与えたい印象を考慮したうえでの選び方を心がけるようにしましょう。
また、それぞれの会社でスーツマナーは異なるため、ビジネスシーンに適しているかを判断するのも大きなポイントになります。

季節感を表現するためには色と柄にも注目しましょう。
自由なスタイルにすることも勿論できますが、あくまでもビジネスシーンに適しているかどうかが大切です。やりすぎはマイナスな印象を与えることになりかねません。
控えめながら秋らしさを感じられてマイナスな印象を与えないことを心がけるべきです。

着こなしのポイントは統一感を重視すること

秋らしいスーツにおける着こなしのポイントは統一感を重視することにあります。最も手軽な選び方となるのがスリーピースにすることです。ジャケット、ベスト、パンツが同一生地仕立てられているスリーピースを選択するだけで統一感を出すことができます。
前のボタンを開けていてもジャケットを脱いだとしても着こなしが崩れないのも嬉しいポイントです。

秋らしいスーツとコートの相性もバッチリです。オシャレアイテムとして取り入れるのも問題ありません。手軽に印象を変える方法としてはインナーを採用することです。
暖色系を選べば秋らしいスーツとの相性も合います。
ビジネスマンのスーツの着こなしは見られていないようで多くの方に見られています。しっかりスーツを着こなしている印象を与えられるようにしましょう。

まとめ

秋らしさを感じられるスーツで最も重要となるのは生地とデザインです。
生地とデザインの選び方のポイントは基本に忠実であることです。好みや相手に与えたい印象を考慮して選ぶようにしましょう。
着こなしは統一感があるのが望ましいです。季節ごとにスーツを変えることで、身だしなみが整っている印象を与えることになります。
ビジネスマンとして見た目の良し悪しは今後の仕事にも大きな影響を及ぼします。
ビジネスマンのスーツ姿は見られていないと思うより見られていることを前提として意識した方がよいでしょう。