高いスーツと安いスーツの違いは?高いスーツを選ぶならオーダーが良い理由

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高いスーツと安いスーツの違いは?高いスーツを選ぶならオーダーが良い理由

高いスーツと安いスーツの違いは?高いスーツを選ぶならオーダーが良い理由

スーツには量販店で販売されている割安なものと、専門店でしか手に入れられない、高級なものがあります。どちらも一見同じスーツに見えますが、細かい部分にこだわりや品質の差があります。 ここでは、高いスーツと安いスーツにどのような違いがあるのか、オーダースーツの特徴について、ご紹介します。

 

 

高いスーツと安いスーツの違い

高いスーツと安いスーツの違いをそれぞれチェックしていきましょう。

 

デザインへのこだわり

安いスーツは品質を抑えて価格を安くしているため、誰が着ても画一的な見え方になりやすく、デザインは統一的です。

高いスーツの場合は、着用したときの見栄えや見え方にこだわって仕立てられており、着た人の体型にフィットしながら美しいシルエットが描けるように工夫されています。

ポケットやボタンの位置も、野暮ったく見えないように計算されているものが多いので、相手からの見え方を気にするなら高級スーツがおすすめです。

 

品質・クオリティのこだわり

一流の生地や糸を使い、品質にこだわっているのも高いスーツに共通する特徴といえるでしょう。 安いスーツは工場でまとめて作られるため、1着ずつ細かくこだわって仕立てられているとは限りません。 しかし高いスーツには、オリジナルの型紙から起こす手間や何度もサイズ直しをする手間がかかるため、1着ずつ丁寧に作られています。

 

ブランドならではのこだわり

高級スーツの多くは有名ブランドの名前を冠しており、ブランドならではの色味やデザインによって作られています。 特にスーツ専門のブランドであるほどシルエットや美しさを追求しており、スーツの発祥地であるイギリスやイタリアの伝統を踏まえた仕上がりが期待できます。

 

機能や着心地へのこだわり

最近では夏に涼しく過ごせるように通気性を確保したものや、サラっと着られる快適な着心地を保証したスーツも登場しています。 量販店の安いスーツよりもやや割高になりますが、機能的なスーツを1着用意しておけば、気温が急激に変化したときにも対処しやすくなります。

 

 

高いスーツを仕立てるならオーダースーツがおすすめ

予算にゆとりを持たせて、やや高いスーツを仕立てるなら「オーダースーツ」がおすすめです。オーダースーツは自分の体に完璧に合うサイズを追求でき、着用しやすく疲れにくい1着が手に入ります。

既製品よりもしっかりと縫われていくので堅牢であり、ほつれや摩耗が激しい安いスーツと比べて長く着続けられるメリットもあります。

 

また、オーダースーツには細部に自分のこだわりを盛り込むことができます。ボタンの色やサイズ、かがり糸や、ステッチ部分まで指定できるので、アレンジの幅が広がり唯一無二のスーツができあがります。

安いスーツとの違いを押さえておこう

高いスーツは細部まで丁寧に作り込まれているものが多く、量販店の安いスーツよりも割高になっています。
なかでも、オーダースーツは長く愛用できるので、ぜひ自分だけの1枚を仕立ててみてはいかがでしょうか。