ワイシャツの買い替え時や長持ちする方法のポイントを徹底解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ワイシャツの買い替え時や長持ちする方法のポイントを徹底解説

ワイシャツの買い替え時や長持ちする方法のポイントを徹底解説

スーツと同じくワイシャツにも寿命があります。
できるだけ買い替えることなく長期にわたって着たいと思っても買い替え時は否応なしに訪れるものです。
しかし、長持ちする方法もないわけではありません。
ワイシャツの寿命を縮めないためにはちょっとした工夫が必要です。
仕事のときはスーツ姿になるビジネスマンは特にワイシャツの買い替え時や長持ちする方法を熟知しておくにこしたことはありません。

買い替え時は4つのサインを参考にする

ワイシャツの買い替え時は4つのサインを参考にすれば、機を逃すことはありません。
黄ばみや汚れが汚れ落としをしてもキレイにならない場合は、思い切って新しいものを購入した方がよいでしょう。
流行りのものを取り入れている場合も同様に、新しいものへの買い替え時と判断すべきです。身だしなみに無頓着と思われてしまう理由になるのが大きな理由となります。
体重の増減や洗濯による縮みによってサイズが合わなくなったときも着心地が悪くなるため、無理に着ない方がよいでしょう。
生地や糸のほつれが目に付くようになってきたら今後さらに目立つようになります。買い替え時と考えて対応した方がよいでしょう。

一般的なワイシャツの耐用年数は2~3年です。しかし、耐用年数が過ぎると確実に寿命を迎えるわけではありません。あくまでも目安のひとつとして覚えておきましょう。毎日同じワイシャツを着ていると劣化は早まり、生地に種類によっても寿命は変わっていきます。

ワイシャツが長持ちする方法のポイントとは

ワイシャツを洗濯するときは、漂白剤入りの洗剤や酸性濃度が強い洗剤を選択すべきではありません。
汚れを落としやすい分、ダメージが大きくなってしまいます。長持ちする方法としては汚れが気になる部分だけ酸素系漂白剤で手洗いをすることです。
衣類同士のこすれも寿命を縮める理由となるため、できるだけ同時に洗うものを少なくしましょう。水量が多くなると摩擦力が高くなって生地を傷めてしまいます。
ワイシャツを洗うときは少ない水量で水位を高くしましょう。

アイロンがけでの負担軽減のためにキーピング洗剤を使用するのも長持ちさせる方法のひとつです。
干すときは太いハンガーを使うことで型崩れするのを防げます。通気性がよくて湿気が少ない場所に干すようにすれば、カビや虫食いの問題も心配ありません。
誰でもできる方法なので、今日からでも活用していきましょう。

クリーニングに出すことでなぜ長持ちにつながるのか

ワイシャツをクリーニングに出した場合、不必要なダメージを与えることはありません。
さらに、洗浄後にはパリッとした仕上がりにするとともに防汚効果もある糊付けもしてもらえます。常にクリーニングに出すことで糊ごと汚れを洗い落とすサイクルが生まれます。
汚れの蓄積がなく繊維が傷むこともありません。不必要なダメージを与えないことで寿命が延びる理由となるのは分かるはずです。

もちろん、毎回クリーニングに出すことで経済的な負担は大きくなるため、ビジネスマンの場合は特に自宅で洗いながらいかに長持ちさせるかを考えるのがよいでしょう。
そして、ワイシャツを1週間5枚セットでローテーションさせることも大切です。
着る機会が少なくなることで消耗度は低くなります。自分の体型に合うかどうかも消耗度に影響するため、オーダーすることも視野に入れた方がよいでしょう。

まとめ

ワイシャツの買い替え時は耐用年数ばかりに目を奪われることなく、4つのサインが出ているかに注目しましょう。そして長持ちする方法を駆使し、できるだけ買い替えないように心がけましょう。ビジネスマンの場合は仕事のときはスーツ姿であるのが当たり前です。スーツのみならず、ワイシャツの仕上がりや着こなしもチェックされていると思った方がよいでしょう。買い替えを前提に考えるのではなく、日々の生活でちょっとした工夫を凝らしてできるだけ長持ちさせましょう。