スーツをおしゃれに着こなす方法とアイテム選びのコツ

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツをおしゃれに着こなす方法とアイテム選びのコツ

スーツをおしゃれに着こなす方法とアイテム選びのコツ

ビジネスシーンや冠婚葬祭に活躍するスーツスタイルは、魅力を引き出してくれる1着としてデザインや色味にこだわっておきたいもの。 

普段からオシャレにスーツを着こなす場合には、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。ここではスーツスタイルのオシャレな着こなし方、アイテム選びについて解説します。 

 

スーツのおしゃれな着こなし方

スーツのおしゃれな着こなし方をみていきましょう。 

 

サイズ感にこだわる

自身の体型よりもサイズの大きなスーツは動きやすくゆとりがありますが、全体のシルエットに統一性やすっきり感がなく、やぼったい印象になってしまいます。 

スーツを着たとき、「着こなしている」と思わせるためには体型のラインから逸脱しすぎないことが重要です。 

試着の際、店員さんや付き添いの家族などにシルエットをチェックしてもらい、腕や足にきちんと丈が合っていて、体に程よくフィットするサイズ感の1着を選びましょう。 

 

柄・色にこだわる

スーツには無地・チェック・ボーダー(ストライプ)と大きく分けて3種類の柄が存在します。 

同じ柄でも、ボタンの色や大きさで印象が変わる場合もあるため、試着をして自身の印象に合う色柄を決めていきましょう。 

 

自分自身の雰囲気に合う色を選ぶ

スーツに限らず、自分自身のイメージに合う色味というものは人それぞれ異なります。 

グレー系でも濃いグレーなのか、淡いグレーなのかによって雰囲気は一変しますし、濃い青や茶色などで印象を変えることもできるでしょう。 

インパクトを与えたいからといって冒険せず、飾らない自分の雰囲気に合った色味をチョイスしましょう。 

 

おしゃれな着こなしにはアイテム選びも重要

ここからは、オシャレな着こなしに役立つアイテム選びのポイントを解説していきます。 

 

靴は無難なものをチョイス

靴は冠婚葬祭に履いていくことも考えて、カジュアルになりすぎないように黒などを基本とした革靴をチョイスしましょう。 

 

ネクタイはTPOに合わせて揃える

ネクタイはパーティ・ビジネス・冠婚葬祭用とTPOに合わせて持っておくのがおすすめ。スーツに合う1本をシーンごとに用意し、使い分けると良いでしょう。 

 

ベストの代わりにカーディガンもおすすめ

ベストをスーツスタイルに合わせるスリーピースの他にも、スーツと同色のカーディガンなら着脱しやすく、ほとんどの職場環境に適したスタイルに仕上がります。 

無理のないところから自分に合う1着を選ぶ

スーツスタイルは自身の体型に合わせるのが基本であり、無理にこなれ感やオシャレな雰囲気を出そうとする必要はありません。
グレーやチャコールグレーなどの落ち着いた色味で自分に合うスタイルを探し、少しずつ小物などでアクセントをつけていくことをおすすめします。