できる男がしているスーツの香り付けとは?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > できる男がしているスーツの香り付けとは?

できる男がしているスーツの香り付けとは?

特に夏場など、体臭が気になる季節に検討して欲しいのが、スーツの香り付けです。自分の臭いがきついと感じている場合、臭い対策をすることはマナーだと考えておきましょう。

どのように行えば良いのか、得られるメリットは何かなどについてご紹介します。

汗をかきやすい季節や、体臭がきつい方は人と接近した際に臭いの問題が気になりますが、そのための対策とも言えるのがスーツの香り付けです。
いくつか方法はありますが、一般的なやり方としてはスーツに市販のメンズファブリックミストを使い、良い香りをプラスする方法が挙げられます。

当然ながら臭い人よりも良い香りのする人のほうが好印象なので、臭い対策を取り入れていきましょう。

スーツには臭いがついている

スーツにはタバコ臭や部屋の男臭、食事で行ったお店を臭いなどがついていますが、それを着ている本人は臭いに気付けないことが多いです。誰でも他人の臭いが気になったことがあるはずなので、自分も何かしらの臭いを放っているものだと考えておきましょう。

香りづけをするメリット

スーツから良い香りがすると、それだけで好印象を与えることができます。嫌な臭いは不衛生な印象にもつながってしまうので、下手をすると仕事の取引相手を不快にさせてしまう可能性もあるのです。
良い香りがして清潔感のある男性は女性からもモテるので、ぜひ臭い対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

洗えない時はファブリックミスト

スーツを自宅で洗うこと自体は不可能ではないのですが、香り付けに便利な柔軟剤は生地の風合いが変化するため使うことはできません。そのため、良い香りをつけたいと考えているのなら、パブリックミストがベストです。お気に入りの香りのパブリックミストでスーツをすてきな香りにしてみましょう。

使い方はとても簡単で、ただスプレーするだけなので、帰宅後にスプレーし、スーツを良い香りで包むのがおすすめです。また、携帯サイズのファブリックミストを持ち歩くようにすれば、外出先でも気軽に臭いケアができます。

香りには様々な種類がありますが、香水を使っている方の場合、香り同士が喧嘩しないように同じような香りのものを選びましょう。また、シャツやアウターで使っている柔軟剤の香りとの相性を考えることも大切です。

香りが印象を大きく左右する

できる男は見た目だけでなく、香りにもこだわっています。「見た目は清潔感があるけれど、近寄ると臭い」なんて言われないように、しっかり香り付けで対策をしておきましょう。

香りも含め、全身ビシッと格好よく決めたいと考えているのなら、スーツにもこだわるのがおすすめです。特にオーダースーツなら自分にぴったりのサイズで仕上げることができるので、シルエットも美しく決まります。
生地やデザインにこだわり、自分だけの1着を仕立てたい方もオーダースーツをチェックしてみてはいかがでしょうか。