春と冬のスーツの違いは?おすすめのコーディネートも押さえる

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 春と冬のスーツの違いは?おすすめのコーディネートも押さえる

春と冬のスーツの違いは?おすすめのコーディネートも押さえる

スーツにはオールシーズン用のものと、春・冬の2シーズンにざっくり分けられるものの他に、サマースーツと呼ばれるラインナップもあります。 ここでは、春と冬それぞれのスーツの特徴や違い、コーディネート例などを、詳しく解説しています。

 

 

春と冬のスーツの違いとは

春と冬のスーツの違いについて、縫製や色味などを中心にみていきましょう。

 

春用スーツの特徴

春用スーツには、厚みを減らし通気性を確保するための工夫が盛り込まれていることが多いです。

ジャケットの背中の裏地を外す「背抜き」で仕立てられたものや、ひとえ/アンコン仕立てと呼ばれ、表地のみでつくられたものもあります。 生地も工夫されており、コットンやリネンのような通気性の良い素材を、ややすき間の出る平織りで仕立てていきます。

 

冬用スーツの特徴

冬用スーツはウールなど保温性の高い素材で密に織り込む「綾織」によって仕立てられることが多く、厚手で重厚感のある生地が特徴的。 ジャケットの背中は裏地がつけられ総裏仕様になっており、防寒性を意識。春用に比べてダークカラーや濃い色合いが多くなっています。

 

 

春と冬のスーツのコーデ例

春と冬それぞれのスーツのコーディネート例をみていきましょう。

 

 

春:薄手の生地と春らしい色味で爽やかに

春から夏までのコーディネートには、冬の重たい雰囲気を一新するネイビーやライトグレーのスーツがおすすめ。温暖な気候に合うように薄手の生地を選び、やや体型にフィットするように仕立てます。

白やライトブルーのシャツは清涼感を演出し、シャツとジャケットの間のネクタイは色を統一しつつ、ストライプ柄などを選びます。

トレンチコートなどと合わせる場合はスーツの色とかぶらないように注意し、サイズ感や見栄えを意識しながらスーツと組み合わせてください。

 

 

冬:ビジネスマンらしさと重厚感を演出

秋から冬にかけてのコーディネートでは、ダークブラウンやチャコールグレーなどの暗めの色がビジネスマンらしさと季節感を演出します。 シャツは白などのベーシックなもので問題ありませんが、ネクタイはスーツに合わせてやや暗めの色を。防寒対策に役立つベストを中に着てもオシャレに決まります。

生地と色味を使い分けよう

スーツには一年を通して使えるオールシーズン用もありますが、春と冬の2回に区切ってスーツを衣替えするのが一般的です。

生地の素材・厚みによって春用と冬用に分かれるほか、色味や小物とのコーディネートによって「春らしさ」「冬らしさ」が演出できるので、ぜいろいろなスタイリングに挑戦してみてください。