スーツに似合う靴の種類と合わせ方をチェック

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツに似合う靴の種類と合わせ方をチェック

スーツに似合う靴の種類と合わせ方をチェック

スーツはビジネスマンの仕事着であり、ビジネス・ビジネスカジュアル・イベント・式典などシーンに合わせた装いをするのが基本です。 スーツスタイルを格上げし、TPOに合った見た目に仕上げるためには「靴」にも注意しなければなりません。 スーツに合わせる靴といえば革靴が代表的ですが、同じ革製でもさまざまなデザインから選ぶことができます。 本記事では、スーツに似合う靴の種類について詳しく紹介します。

 

スーツに合う靴の種類とデザイン

スーツには合わせる革靴にはどのような種類があるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

 

靴の種類について

革靴にはさまざまなデザインがありますが、「内羽根式」と「外羽根式」の違いをはじめに押さえておきましょう。 内羽根は、靴のボディ部分から切れ込みが入っており、シンプルな印象を与えるデザインです。フォーマルシーンに適しているとされ、冠婚葬祭では内羽根式の黒い革靴を着用します。 外羽根は、紐を通す穴をあける場所が靴のボディの部分とは別にして、扉のように取り付けられているデザインです。 紐を取り付けているパーツが羽のように開くため、ボリューム感がありカジュアルな印象になります。

 

靴のデザインについて

内羽根式と外羽根式の違いのほかに、革靴には以下のようなデザインがみられます。

 

・ プレーントゥ:つま先部分が靴のボディ部分まで続いており、装飾のないタイプ
・ モンクストラップ:バックルとベルトで甲部分をとどめる靴で、オンオフ兼用としても人気
・ スリッポン:装飾が一切なくプレーンな印象。スリッポンとは「スリップ・オン」の略語
・ Uチップ:シューズの先端部分にU字型のデザインが入り、縫いとめられている靴のこと
・ ストレートチップ:靴のつま先部分に横切る直線ラインが縫われており、シワが入りにくい
・ ウイングチップ:つま先に切り替えを施し、全体にダリオン(穴飾り)を施したもの
・ セミブローグ:メダリオン(穴飾り)が入った靴の総称で、切り替え部分に飾りが多い
・ フルブローグ:つま先や羽根、かかと回りまでメダリオンが入った個性的なデザイン
・ キャップトゥ:つま先の切り替えにステッチのみが配され、シワができにくく実用性が高い
・ パンチドキャップトゥ:つま先の切り替えにパーフォレーションを細工し、おしゃれな印象
・ ホールカット:一枚革から作られ、無駄がなくエレガントな印象。高級靴に多くみられる

 

これらのデザインをベースに革の色合いや風合い、ヒールの形や高さ、靴全体の幅などが調整され、個性豊かなバリエーションが生まれています。

 

靴とスーツの合わせ方

革靴は、フォーマルな場所では切り替えや装飾の少ないもの+黒色やダークブラウンなどの暗めの色味を選びます。 たとえばストレートチップは靴のつま先に直線のラインが入っていますが、シワ防止用のシンプルな装飾なので冠婚葬祭にも着用可能。ホールカットの靴も上品さが出るためおすすめです。 ただし、装飾を一切施していないスリッポンなどはNG。欧米では伝統的に紐靴が主流であり、紐のついていないものは「なまけ者の靴」という意味のため、冠婚葬祭には避けましょう。

 

 

靴の種類を知ってスーツに合わせよう

革靴にはカジュアルからフォーマルまでさまざまなデザインがみられますが、使いどころを考えて選ぶことが第一です。 スーツの上下や小物とも色味をコーディネートして、TPOに合わせた服装を心がけてみてください。