オーダースーツのメリットデメリット|目的や意図に合う選択とは

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツのメリットデメリット|目的や意図に合う選択とは

オーダースーツのメリットデメリット|目的や意図に合う選択とは

オーダースーツは自分の体にジャストサイズのスーツであり、ストレスなくスーツを着用できるのがセールスポイントです。デザインや生地やボタンなど、自分の拘りを活かせるのも人気がある理由です。しかし、オーダースーツにはデメリットがあることも忘れてはいけません。メリットデメリットを比較したうえでの選択をすれば後に後悔することはなくなります。スーツは安価な買い物ではないからこそ、目的や意図に合う選択をしましょう。 オーダースーツを作ることに全身フィットするスーツを着用することになります。既製スーツは標準体型でないと全身にフィットすることはほぼありません。見た目のシルエットが美しいのはもちろん、長時間の着用でも疲れにくくなるのもセールスポイントです。ビジネスマンの場合は第一印象の良し悪しによって仕事ができるかどうかの判断基準となり、自分を高める理由になります。

さらに、デティールやオプションにも対応し、自分の拘りを演出できるのも楽しみになるでしょう。テーラーと相談して決めることになり、幅広い年代及び用途に応じた提案をしてくれます。既製スーツと比べると消耗度が少なくて長持ちし、結果的にコストパフォーマンスに優れた選択となります。毎年既製スーツを新調するよりも安上がりとなり、ビジネスマンの場合は特に大きな要素です。

一度注文すれば二度目は採寸情報を利用できて、スムーズに注文もできます。自分の考えを形にしていく過程そのものも大きな楽しみになります。

オーダースーツのデメリット

既製スーツと比べると細かい採寸を必要とし、納期までおよそ1カ月かかるのがデメリットとなります。季節を先取りして作らないと実用性は高まりません。また、スーツに関する造詣の深さがないとうまくテーラーにイメージが伝わらず、着用シーンも想定しておかないといけません。自分が着用するスーツのイメージを持ち合わせているかによって満足度は大きく変わっていきます。

また、価格は既製スーツとほぼ同価格帯のものもあれば、高級な生地の採用やデザインやサイズによって高額になることもあります。どれだけ拘るかによって価格は大きく異なるため、予算を把握したうえでの対応をするのが望ましいです。

目的や意図に合う選択について

オーダースーツのメリットデメリットを比較すると、自分が何を選択すべきか見えてくるはずです。1年で数回程度しかスーツを着用しないのであれば、わざわざオーダースーツを作る必要がないと考えるのは当然です。また、既製スーツでピッタリのサイズで不満がない、あるいはすぐにスーツを手にしたいといった意図がある場合も無理にスーツを作る必要はありません。

ビジネスマンの場合は仕事のときにはスーツを長時間着用するのが当たり前であり、フィット感やデザインを重視する意味は大きくなります。周囲から好印象を抱かれるスーツ姿を目指すにあたって、オーダースーツを作るのは効果的な選択です。ビジネスマンにとっての戦闘服であるスーツに気を配っていると評されることは自分の価値を高めることにつながっていきます。

まとめ

オーダースーツにはさまざまなメリットがあるものの、万能ではありません。少なからずデメリットがあることも覚えておかないといけません。既製スーツとの比較検討をしたうえで目的や意図に合う選択をしましょう。毎日スーツを着用し、長持ちさせることを考えるのなら初期費用がかかっても思い切ってスーツを作った方がよいでしょう。着用回数がそれほど多くないのなら既製スーツでも十分と思うはずです。それぞれのライフスタイルによってどちらを選択すべきか変わっていきます。