高級スーツはステッチやディテールを意識するとオシャレに変わる!

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高級スーツはステッチやディテールを意識するとオシャレに変わる!

高級スーツはステッチやディテールを意識するとオシャレに変わる!

高級スーツを選ぶ際に何を重視するかは人それぞれではありますが、注目しておきたいポイントの一つが「ステッチ」です。ステッチが変わるだけでも全体的な印象が変わるので、しっかり確認しておくことをおすすめします。
何がどのように変わるのか、こだわりたいポイントは何かなどについてご紹介しましょう。

そもそもステッチとは何かというと、スーツの襟の端部分についている縫い目のことです。襟を丈夫にするほか、形を整えるために入れられているのですが、デザインにも影響を与えることがあるため、チェックしておきましょう。
中にはしつけ糸と勘違いして切ってしまう方もいるので注意しておかなければなりません。

何本ラインを入れるのか、どこに入れるのかによっても印象が変わります。ラインの入れ方によって目立つかってそうでないかも異なるので、直接確認してみるのがおすすめです。

ステッチの入れ方にも複数の種類があります。

・ハンドステッチ
手縫いで仕上げるハンドステッチは、職人が手作業で丁寧にラインを入れることから型崩れしにくいのが特徴です。また、手間はかかるものの見た目も美しいことから、高級スーツで使われることも多い技術です。

・AMFステッチ
アメリカン・マシン・アンド・ファンドリー社のミシンで手縫い風のステッチを入れる、AMFステッチも人気があります。通常のミシンに比べて凹凸感があるものの、手縫いに比べてコストを抑えられるのが特徴です。

・ミシンステッチ
ミシンで入れるものです。ミシンステッチはスッキリした印象のラインを作れるのが特徴で、細かく幅も調節できます。

おしゃれに楽しむポイント

一般的には、それほどステッチが目立たないように生地と同じ色の糸を使ってラインを入れるのですが、高級オーダースーツを作る際におしゃれを楽しみたい方の中には、糸の色を変える方もいます。また、糸をできるだけ細いものにしてシンプルにしたり、反対に太いものにしたりしてカジュアルな印象にするなど様々な工夫ができるのもポイントです。

オーダースーツはポケットのステッチにもこだわる

高級オーダースーツを作る際には、ポケット部分のステッチにも注目してみましょう。スーツには胸ポケットのほかに腰ポケット、内ポケットなどがあり、デザインに関しても最も多く使われているフラップポケット、中心から外側に向けて斜めになったスラントポケット、脇に2つのポケットを配置するチェンジポケットなど様々なものがあります。

これらもステッチで印象を変えることが可能です。基本は襟に入れるものと同じなのですが、襟よりもさりげなくおしゃれを演出したいのなら、ポケットのステッチで使う糸の色を変えてみるなどして楽しんでみてはいかがでしょうか。

さりげないおしゃれを演出するのにもぴったり

オーダースーツでオシャレに見せたいと考えた際には、生地の色や柄、デザインにばかり注目してしまいがちですが、今回ご紹介したようにステッチを変えるだけでさりげないおしゃれを演出することが可能です。
どのようなものが自分のイメージに近いのかを相談しながら検討してみましょう。