既製品の高級ブランドスーツとオーダーメイドのスーツはどちらがよい?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 既製品の高級ブランドスーツとオーダーメイドのスーツはどちらがよい?

既製品の高級ブランドスーツとオーダーメイドのスーツはどちらがよい?

自分にぴったりな1着を仕上げたいと考えた際に、既製品として販売されている高級ブランドのスーツと、自分のためだけに仕立てるオーダーメイドの商品ではどちらが良いのか悩んでしまうことがあります。それぞれどのような特徴があるのか、価格帯はどうなっているのかなどについてご紹介しましょう。

高級スーツといっても値段は様々ですが、一般的な価格帯は8万円前後、高いものだと14~16万円程度の既製品があります。
1~3万円程度で購入できるような安い商品と比べて何が違うのかというと、細部へのこだわりや、デザイン、生地に関することです。

安物だと手を抜いているような見えない部分の仕上がり、材料にもこだわっていますし、今の時代のトレンドにマッチしたデザインで作られています。また、安物だとポリエステルを使った混紡素材が使われていて、光沢からそれがわかることもありますが、高級スーツの場合は100%ウール素材で作られていることが多く、品質を感じさせる光沢を放つのが魅力です。

安いかどうかは光沢でわかると言われることもあるほどなので、光沢の美しさにこだわりたい方でも高級ブランドの商品なら納得できるでしょう。

オーダースーツの価格帯と特徴

オーダースーツの場合、パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーのどの方法で仕立てるのかによって価格帯が異なります。最も安いパターンオーダーは2~7万円程度で、あらかじめ用意されている型の中から自分に合うものを選び、調整して仕上げる方法です。

イージーオーダーは5~20万円程度で、既存の型紙からイメージに近いものを選んでパーツやデザインを選択して仕上げる方法となります。

フルオーダーは価格が20~100万円ほどと、3つの選択肢の中では最も効果ではあるものの、サイズやデザインは非常に細かく指定が可能となっており、とにかくこだわりの1着を仕上げたいと考えている方でも納得できる方法です。

既製品との違い

フルオーダーを比較してみると、フルオーダーは非常に細かいポイントまでこだわることができるだけでなく、何ヶ所も採寸をし、その人の体にジャストフィットするように仕立てることが可能です。
既製品の場合、いくら高級なスーツだったとしても一人ひとりの体に合わせて作られたものではないため、フィット感を重視したいと考えているのならフルオーダーから検討していることをおすすめします。

より細かくこだわり、調整できるのがオーダーメイド

商品の品質やデザインに納得できる1着を探したいということなら、既製品の高級スーツも選択肢に挙がります。
ですが、細部まで自分の体にしっかりフィットするような商品を購入したいと考えているのなら、オーダーメイドのほうが満足できるでしょう。それぞれの違いをよく理解し、自分にとって納得できる商品を選択してみてください。