高級スーツと安物スーツは見てすぐわかるのか?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高級スーツと安物スーツは見てすぐわかるのか?

高級スーツと安物スーツは見てすぐわかるのか?

高級スーツに興味はあるものの、安いスーツと何が違うのかわからないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。それほど違いがないのなら、安いほうを購入したいと考える方がほとんどでしょう。 そこで、どのようなところで差が現れるのかについてご紹介します。

明らかに安物と思われるようなものを着るのをためらってしまいますが、3万円のものと30万円のものでそこまで大きな見た目の違いがあるのかというと、ほとんどわかりません。
相当ファッションにこだわりがある方や、詳しい方が見れば一目で違いがわかることもありますが、一般の方からすると、見た目だけで価格帯を当てるのはなかなか難しいことだといえます。

高級スーツと安いスーツは何が違うのか

見た目でわからないのなら安物でも良いのでは?と考えてしまいがちですが、高級なぶんだけ魅力もあります。特に大きな違いとして挙げられるのが、安い商品に比べて着心地がよく、フィット感があるという点です。
実際に安物のスーツを着たことがある方なら、自分の体型に合っていない、動いた時に生地が気になる、動きにくいと感じたことがあるでしょう。これは、本人にとってジャストサイズではないからです。
安い既製品は、機械で大量生産しているからこそ安く仕上げられるわけですが、体型は一人ひとり異なり、その体型に合ったスーツはオーダーメイドでなければ作ることができません。

フィット感はオーダースーツに適わない

高級オーダースーツはその人の体型に合わせて作るため、しっかり体にフィットします。高い商品でも一目でわかる人はほとんどいないとご紹介しましたが、その人にフィットしているかどうかは一目で判断可能です。

その人にしっかりフィットしていると、それだけで着こなしているように見えます。部分的にサイズが合っていなかったりすると、どうしても不格好に見えてしまい、それが「この人は仕事ができ無さそう」といったイメージにつながってしまう可能性もゼロではありません。

しかし、しっかりフィットしているスーツなら自然と「できる男」を演出することができるのです。もちろん、安い商品でもしっかり自分にフィットしていれば、高いもののように見せる事も可能ですが、既製品だとなかなか難しいといえます。

自分に自信を持ちたい、ただ着るだけでかっこよく決まるような1着を仕立てたいと考えているのなら、オーダーメイドから検討してみてはいかがでしょうか。

1着は持っておきたい高級スーツ

何着も仕立てるのは難しいとしても、1着は自分の体にしっかりフィットしたオーダーメイドのスーツを用意しておきたいところです。
大事な商談や、外せない企画に挑戦する際などに気持ちを引き締めるのにも役立ってくれるでしょう。

実際に着てみると自分自身で違いを実感することができるので、まずはオーダーメイドで仕立ててくれるお店に相談に行き、話を聞いてみるのがおすすめです。