オーダースーツのネット通販がおすすめできない人の特徴

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツのネット通販がおすすめできない人の特徴

オーダースーツのネット通販がおすすめできない人の特徴

オーダースーツは専門店に足を運んで作るのが一般的であるものの、ネット通販で作るサービスも登場しました。どちらを選択するかにしてはまず比較検討しましょう。そして、ネット通販でオーダースーツを作るのがおすすめできない人もいます。どちらが適しているかを把握したうえで選択をしていきましょう。大まかな違いを把握しておけば、自分に適しているかを判断できます。

専門店とネット通販の違い

オーダースーツを作るにあたってはまず専門店とネット通販の違いを把握していきましょう。専門店では生地の実物を見たり触ったりしながらテーラーと相談しながら決めていきます。次にサンプルスーツを着用し、着用シーンや体のクセを考慮しながらスタイルを決めていきます。ディテールに関しても実物を見ながら選んでいき、スタッフに採寸をしてもらって注文の流れが完了です。

ネット通販の場合は画面上で生地の画像を見て選んでいき、スタイルに関しても同様です。ディテールは画像やイラストを見ながら選んでいきます。そして、専門店と最も異なる点といえるのが採寸を自分で行うことです。メジャーを使って自分の体のサイズを測り、手持ちのスーツのサイズも測っていきます。お店で用意されているサイズから自分のサイズに近いものを選び、取り扱い店舗で実際に採寸してもらう必要があります。専門店とは異なり、完成したオーダースーツが宅配で自宅まで届きます。

ネット通販は注文したいときに注文できてわざわざ店舗に足を運ぶ必要がないのがセールスポイントです。さらに、実店舗を設けていない分、店舗維持費がかからずリーズナブルな価格であることも多いです。店舗に足を運ぶのが現実的に難しい方にとって魅力的な選択になります。

ネット通販はオーダースーツを作るのに慣れている方向け

すでに何度もオーダースーツを作っている方はネット通販に適しているといえます。文章で自分の希望を正確に伝えることもできるでしょう。専門店の場合は言葉のニュアンスや話し方が正確であるとテーラーに希望をくみ取ってもらえる安心感があります。ネット通販がおすすめできない人はこれから初めてスーツをオーダーする場合です。また、ビジネスマンがビジネス用のスーツを作る場合もおすすめできないといえます。

トレンドを重視するよりもオーソドックスなデザインのスーツの方が望ましく、生地や裏地の素材に関しても仕事の際に毎日着用するからこそお手入れがしやすいかどうかも重視した方がよいでしょう。細かなサイズの違いによってもシワの出にくさに大きく影響します。特別なシーンだけにスーツを着用するのではなく、仕事の際に毎日スーツを着用する場合は専門店でビジネス用のスーツとして作った方が後に後悔することは少なくなります。

ネット通販サイトを選ぶためのポイント

ネット通販がおすすめできない人は専門店を選択するのが確実です。店舗に足を運ぶことができない場合はどのサイトを選択するかが重要になります。画像が明確でディテールまでちゃんと写っているかに注目しましょう。生地の素材感も明確に見えるかどうかも重要です。シルエットに関しての説明が詳しく記載されており、サイズ表記も明確であるかにも注目しましょう。

また、ネットでの購入であるからこそのリーズナブルな価格であるかが分かるかどうかも重要です。購入後のお直しに関しての説明が記載されているかにも注目しましょう。

まとめ

ネット通販でオーダースーツを作るのは上級者向けです。初めてスーツをオーダーする、あるいは仕事の際に毎日スーツを着用するビジネスマンは万全を期すために専門店に足を運ぶのが望ましいです。スーツを作っていく流れはおおよそ変わらないものの、採寸を自分で行うのが大きく異なる点となります。拘りぬいたスーツを作るのならテーラーと相談しながら決めていける専門店に分があります。それぞれの方法による特徴を考慮したうえで自分に適しているかを決めていきましょう。