事前の準備で決まる!オーダースーツ作りで失敗しないためのコツ

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 事前の準備で決まる!オーダースーツ作りで失敗しないためのコツ

事前の準備で決まる!オーダースーツ作りで失敗しないためのコツ

既製スーツよりもさまざまなメリットがあるのは分かっていても失敗してしまうのが怖くてオーダースーツを作るに至らない方も多いものです。高価な買い物となるからこそリスクを冒すことに迷ってしまうでしょう。しかし事前に準備をしておけば失敗することは少なくなり、愛着の強い一着を手に入れることができます。オーダースーツを作るにあたってなぜ大成功よりも失敗しないことを重視すべき理由について詳しく解説していきます。

予算とお店選びを合わせる

一口にオーダースーツ専門店といっても数多く存在します。インターネットでオーダースーツを作れる昨今において選択の幅が広いからこその迷いも生まれてしまうものです。オーダースーツ専門店選びで失敗しないようにするには予算と合わせるようにしましょう。値段が安すぎると高いクオリティのスーツを作ることができず、値段が高すぎると予算オーバーになってしまいます。

どのオーダーの方法を選択できるかも事前に確認しないといけません。おおよその目安がパターンオーダーは2~5万円、イージーオーダーが5~20万円、フルオーダーが20万円~100万円以上となります。サイズの調整や仕立て直しができるかも把握しておくべきです。完成後に着用したときに違和感があるのなら微調整ができます。しかし、大幅な仕立て直しは対応できない場合もあります。

後先を考えてスーツをオーダーする

オーダースーツを作るときは後先のことを考えるようにしましょう。流行を取り入れ過ぎてしまうと自己満足になってしまうかもしれません。ビジネスマンの場合は仕事のときに着用するスーツを作ることになるでしょう。あまりにも拘り過ぎると自然と着用しなくなってしまうかもしれません。ビジネスマンは耐久性に優れた生地を選択し、長期的に着用することを前提とした方がよいでしょう。幅広い場面で着用できるスーツを作った方が汎用性は高いです。

また、相手からどういった印象に映るかも考えるべきです。自己主張ディテールを入れたり派手な柄を選んだりすると悪印象を与えることになりかねません。カッコよくスーツを着こなすために何も特別な要素を盛り込む必要はなく、ジャストサイズに仕上げることが何より重要です。

初めから完璧を求めるべきではない

オーダースーツは何度も作ることによって自分合っているかが分かるものです。仕上がり時には理想通りと思っても、着用していくと別の選択をした方がよかったと気付くこともあります。いきなりオーダースーツを作って大成功となることは少なく、まずはベースとなるものを一度作るのがおすすめです。そして次から少しずつ改善していけば自然と理想的な一着となっていきます。

生地やベースとなる形、ボタンや裏地と選択する項目が多岐にわたっているのがオーダースーツの特徴です。全体のバランスを考えての選択をするのが基本であり、テーラーと相談しながら決めていくことになります。しかし長期的に着用してみないと生地の見た目がどう映るかさらには機能性についても分からないものです。

初めから完璧を求めてしまうとどうしても失敗することは多くなります。回を追うごとに納得のスーツをオーダーできるようになるものです。

まとめ

オーダースーツを作ることで理想的な一着ができるとは限りません。何度かスーツをオーダーすることで自分に合うデザインと機能性の一着を作れると考えるべきです。完璧を追い求めすぎてしまうと失敗してしまう可能性は高まります。はじめはまずジャストサイズに仕上げてシンプルなデザインにするのがよいでしょう。オーダースーツを作る基本は大成功よりも失敗しないことを考えることです。徐々に理想に近づけていくことで愛着の強い一着となります。