スーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみよう

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみよう

スーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみよう

生地の種類ごとの特徴や色や柄によって相手に与える印象などスーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみようとしましょう。今の時代においてはインターネット販売でスーツを購入できて、わざわざ店舗に足を運ぶ必要はありません。自分でサイズを測る必要があるからこそ、正しいサイズの測り方や注意点を頭に入れておくべきです。

JIS規格サイズに当てはめてサイズとシルエットを把握

スーツのサイズとシルエットはサイズを測ってJIS規格サイズに当てはめることで知ることができます。身長や体重はもちろん、胸囲やウエストの寸法を測ると適切なサイズとシルエットを選択できます。自分でスーツのサイズを測るうえで重要となるのはバスト、ウエスト、ヒップの3つです。バストは胸で最も高い位置の周囲を測り、ウエストは胴回りで最も細い部分を測り、ヒップは最も幅のある部分の周囲を測りましょう。この3つのポイントを測ることによって適したサイズとシルエットを選択できます。

一度自分でサイズを測ってしまえば体型が変わらないと同じ表記のものを選択すれば問題ありません。シルエットを選択するにあたって同じサイズでも見た目の雰囲気が変わるため、どう仕上げたいのかを明確にしたうえで選択した方がよいでしょう。

上半身と下半身のサイズの測り方のポイント

スーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみようとした場合、上半身と下半身のサイズを測るポイントがあります。上半身は着心地と体型とのバランスが重要となります。胸周りはボタンを留めてもシワが出ないかを確認し、肩は肩山と肩のトップが合っているかを確認しましょう。下半身で重要となるのは腰の位置を決めるウエストです。パンツとの間に拳1つ程度のゆとりがあるかに注目しましょう。パンツのサイズはかがんだ際に太腿に適度なゆとりがあるのが望ましく、立ったり座ったりする動きをしやすくなります。

自分ではジャストフィットするサイズであると思ったのに、実際に着用してみると見た目に違和感があったり動きにくかったりといったことがないようにしましょう。スーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみようとする気持ちを持つのなら、上半身と下半身のサイズの測り方のポイントは知っておく必要があります。

正しいサイズこそスーツを着こなす極意

スーツを正しく着こなすにはサイズミスは許されません。スーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみようと思ってもどこに注目すべきか分かっていないのなら意味がありません。プロのフィッターに採寸してもらうのが最も確実であるものの、自分でサイズを測ることもできます。

スーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみようとした場合のポイントを理解していれば、見た目の印象がよくなって動きやすいサイズやシルエットを選択できます。体型には個人差こそあるものの、正しいサイズとシルエットを選択することでビシッとスーツを着こなせていると相手に印象付けることができます。できるビジネスマンほどいつどこで誰にスーツ姿を見られても恥ずかしくないようにサイズとシルエットに拘ってスーツを選ぶものです。

まとめ

スーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみようとするのはインターネット販売でスーツを購入するにあたった必要であるものの、ポイントを理解していないとサイズやシルエットを正しく選択できません。上半身と下半身のサイズの測り方のポイントを理解したうえでスーツのことがわかったら、今度は自分のサイズを測ってみようとしましょう。見た目も着心地も優れた愛着のわく一着を手に入れるためにはサイズとシルエットを正しく選択することが何より重要です。