オーダースーツは採寸で決まる?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツは採寸で決まる?

オーダースーツは採寸で決まる?

オーダースーツにおいて重要になるのが「採寸」です。オーダーしたからと言って必ずしも自分に合ったスーツが完成するとは限りません。そこを十分理解したうえで、オーダーする際の採寸ポイントや店舗で採寸する際の流れ、かかる時間の目安について解説しています。

 

 

スーツをオーダーする際の採寸のポイント

スーツをオーダーするにあたり必ず行うのが採寸です。スーツをかっこ良く着こなすためには“体にフィットしている”ことが大きなポイントになりますから、それくらい採寸はとても重要と言えます。ここではオーダー時の採寸ポイントを解説します。

 

着ていく服装も重要になる

オーダースーツは、ただ採寸してもらえば良いというわけではありません。きちんと採寸してもらうためにも着ていく服装も重要になるでしょう。なるべく普段着ているスーツを着用し、どこに不満があるかしっかり把握しておかなければいけません。

 

しっかりコミュニケーションを取る

フィッターとのコミュニケーションもとても大切です。オーダースーツだからと言って必ずしも体にぴったり合うとは限りません。きちんとコミュニケーションが取れていないとオーダー側が何を重視したいのか、既製のスーツのどこに不満を感じているかがわからないからです。満足がいくまでしっかり話し合いましょう。

 

スラックスは椅子に座って長さ確認する

スラックスの場合は、基本的に椅子に座って長さを確認します。座ったときに裾が短くなりすぎた場合や普段よく取る動作なども採寸のポイントになるでしょう。バランスが悪いとスタイルに影響するので要注意。

 

オーダーの種類を知る

オーダーには「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3つに分類されます。オーダースーツを作ってもらう際に知っておくと役に立ちます。

 

・パターンオーダー

お直し程度のオーダーになります。範囲制限があるためすべてオリジナルにすることはできません。標準サイズに近い方はパターンオーダーでも良いでしょう。

 

・イージーオーダー

パターンオーダーより少し手を加えたのがイージーオーダーになります。サイズやシルエットの変更ができ、理想のサイズに近づきやすいでしょう。

 

・フルオーダー

ビスポークとも呼ばれ、一から型紙を作ってオーダーします。完全オリジナルなので体格や骨格にフィットし、よりかっこ良くおしゃれにスーツを着こなせられるでしょう。ただパターンオーダーやイージーオーダーより高額になります。

 

 

店舗で採寸する際の流れやかかる時間の目安

初回か2回目以降かによって変わってきます。またどの方法でオーダーするかによってもかかる時間は異なるでしょう。ここでは採寸の流れと目安時間について解説します。

 

かかる時間の目安

大体1~1時間半程になります。採寸自体はそれほど時間はかかりませんが(10~15分)、相談しながらだと2時間かかる場合もあります。特にフルオーダーは時間がかかりやすいでしょう。

 

採寸の流れ

1.総丈 首の付け根から踵まで。

2.上着丈 首の付け根から腰骨の位置まで(総丈の1/2)

3.前丈 親指先前後に合わせて採寸。

4.肩幅 首の中央から左右を採寸。

5.袖丈 左右それぞれ採寸。

6.オーバーバスト バストに比較して腕の太さを調節。

7.バスト 胸まわりの採寸。

8.中胴 上着のウエストライン。

9.ウエスト 実寸+指2本くらいのゆとりをもって採寸。

10.ヒップ 実寸+指2本くらいのゆとりをもって採寸。

11.ズボン総丈 オーダー側の好みに応じて決める。

12.股下 靴を履いたまま床から2~3cm上を基本に採寸。

13.股上 深さを調整。

14.ふくらはぎ 太さを調整。

15.太もも 太さを調整。

オーダースーツは採寸が大事

ただオーダーするのではなく、フィッターと入念に相談しながら採寸するのがより理想的なスーツを仕上げるポイントになります。体型によってはパターンオーダーでも十分満足できるでしょう。