高級スーツは水洗いクリーニングも可能?正しいメンテナンスを学ぶ

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高級スーツは水洗いクリーニングも可能?正しいメンテナンスを学ぶ

高級スーツは水洗いクリーニングも可能?正しいメンテナンスを学ぶ

高級スーツは繊細な素材で作られていることもあり、メンテナンスの仕方には十分注意しなければなりません。例えば、水洗いクリーニングをすることはできるのでしょうか。

何に気をつければ良いのか、美しい状態で長持ちさせるためのメンテナンス方法として行いたいことは何かなどについてご紹介します。

 

高級スーツは水洗いクリーニングが可能?

高級スーツだったとしても水洗いが可能なクリーニング店に持ち込めば対応してもらう事は可能です。ただし、水洗いに対応しているお店はそれほど多くありません。

というのも、技術や経験が不足している人が水洗いを行うと生地が縮んでしまう恐れがあり、トラブルを避けるためや対応できる職人がいないといった理由からメニューに入れられないお店が多いからです。

水洗いができるとしても本当に技術力のある方が担当してくれるかどうかはわからないので、慎重にお店選びをしましょう。

 

高級スーツを長持ちさせるためのメンテナンス

高級スーツを仕立てたら、できる限り丁寧なメンテナンスを行い、品質や形状を保っていきましょう。次のようなポイントがあります。

 

ハンガーにかけて休ませる

帰宅したらすぐに高級スーツを脱ぎ、ハンガーにかけて休ませます。1日着ているとどうしても汗や湿気を吸収してしまうからです。

この時、ワイヤーでできた細いタイプのハンガーだと肩パッドが変形することがあるため、厚さがあり、肩幅に合ったものを選びましょう。パンツはズボン専用のハンガーを使って吊るします。

 

ブラッシング

服用のブラシを使い、ほこりや汚れを落とします。見えない小さな食べかすやほこりなどがついたままで放置すると、虫食いの原因にもなるので注意しなければなりません。

ブラシを大きく動かしてジャケットの上から下に向かって、パンツは吊るした状態で裾から腰に向かってブラッシングしましょう。

 

クローゼットにしまう

ほこりがつくのを防ぐためクローゼットに収納しますが、この時最低でも1日は風通しが良いところで陰干ししてから収納するのがポイントです。すぐにクローゼットに入れると、湿気の影響でカビが発生してしまうことがあるので注意しなければなりません。

 

クリーニングの頻度は?

日々のメンテナンスをきちんと行っておけば、それほど頻繁にクリーニングする必要はありません。一般的なスーツなら夏場は週に1度、それ以外の時期は1シーズンに1回程度が目安とされているのですが、高級スーツの場合は普段のメンテナンスを丁寧に行い、クリーニングは1年に1度程度で検討することをおすすめします。

 

丁寧にメンテナンスすれば長持ちする

高級スーツに使われている生地は繊細なものなので、できる限り丁寧なメンテナンスを行い、長持ちさせましょう。ただ、耐久性にも優れていることからそれほど神経質になって取り扱う必要はありません。

普段のメンテナンスをきちんと行っておけば問題ないので、ブラッシングや陰干しなどをしながら必要に応じてクリーニングも検討してみてください。